運命が変わり始める。幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと。

今日は良い天気だな~♪
雲ひとつないや♪

 

いつも外出時には雨が降るけど、
これならサイクリングが楽しめるよ。
あれ?
なんか天気があやしくなってきたぞ。
うわっ!!
さっきまであんなに晴れてたのに。

やっぱり雨男は
こういう運命なのかぁ~!!

私たちの日常では、たまたま偶然で起きたのか、
それとも自分が原因で起きたのかと思うようなことがあります。



そして、
その出来事が「立て続けに起きてくる」と、
本当に「自分が呼んでいるのでは?」と思い始めます。



良いことが起きてくれたら御の字ですが、
多くは「あまり良くないこと」のように思えます。



これは、
私たちの身のまわりに存在する「ある空間」が、
いっぱいになっていることが要因です。



そのため、

良いことが入って来れない状態とも言えます。



ですが、
これは「あるメカニズム」を事前に知ることで、
良いことを「舞い込ませる」ことが出来ます。



今回は、その「メカニズム」の詳しい解説とともに、
「運」を発生させるための方法をお伝えするべく



幸運が舞い込む
「空間」を作り出す3つのこと。



を紹介します。

すぐに作りたい!という方は、
下のコンテンツから、
幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと
へジャンプしてくださいね。

本記事が幸運のサポートになれば嬉しいです。
是非ともご覧下さい。

幸運は「空間」に舞い込んでくる?


緑の多い公園などを散歩していると、
「木漏れ日」を見ることがあります。



天気が良く、風もおだやかだと、
その揺らぎがとても心地よく感じます。



これは、木の葉の「すきま」から
陽の光が差し込むことで見られます。



ちなみに、
「すきま」という言葉を聞くと、


  • 物と物のあいだ

  • 通勤や移動中の時間

  • 油断した瞬間


このような、
空いたスペース(空間)を思い浮かべます。



そして、
私たちに訪れる「幸運」と呼ばれるものは、
こういった「すきま」に舞い込んできます。



言い換えれば、これは入る余地」のあるところ、
つまり
「ゆとりのあるところ」に舞い込んでくるのです。



幸運が舞い込む「ゆとり」って、
どういったものなの?と言いますと、



心のゆとりになります。



これと反対に、心が窮屈で余裕が無いときは、
幸運は舞い込んで来れません。



なぜなら、
もうすでに「いっぱいの状態」なので、
入る「すきまがない」ためです。



では、
どうすればゆとりができるの?と言いますと、

それは、自身の外と内に「幸せ感」を作ることにあります。



私たちには、
日常から「影響を受けているもの」が2つ
あります。



それが、


外側からの影響

内側からの影響


です。



ちなみに、外側からの影響とは、
「環境」「人との関わり」になります。




これは、

  • 視覚

  • 聴覚

  • 味覚

  • 嗅覚

  • 触覚


こういった5感を通して「心」に伝わります。



そして、
もうひとつの内側からの影響というのが、


  • 思考

  • 感情

  • カラダ


こういったものになります。



つまり、
この2つが「何かの影響」を受けると、
私たちの「心」へダイレクトに伝わります。



ですので、心に「ゆとり」を作るには、
外側と内側に「余裕を持たせる」必要が出てくるのです。



これは、
「心に余裕を作る」ようなイメージですが、
もっと詳しく言いますと、

安心
楽しい
嬉しい
喜ばしい
美味しい
心地いい
愛情
感謝

このような「幸せ感を作ること」になります。



これは「快の感情」と呼ばれるもので、
幸せや安心を肌で感じたときに、

  • エンドルフィン

  • ドーパミン

  • セロトニン

  • オキシトシン


こういった「幸せホルモン」が、
脳内から分泌されることで起こります。



そのため、
木漏れ日のような「ゆらぎ」を感じると、
脳が「快の感情」を起こし、心地よさを生み出します。



つまり、
自身にとって
「幸せや安らぎ」を感じるものが、
「心のゆとり」へと変化していくのです。



心に「ゆとり」を作るには?


私たちの「心」は、
日常から様々な影響を受けています。




そして、私たちが生活する中で、
いちばん「心」が影響を受けている場所が、

  • 職場

  • 学校

  • 住まい


こういった「時間をたくさん過ごす」ところです。



とくに「住まい」は、
幸せと安らぎを感じられる唯一の空間です。



そのため、
日頃から「心地よさ作り」を意識することで、
自然と心に「ゆとり」が生まれます。



住まいにゆとりを作る詳しい内容は、
このあと
説明いたします。(^e^)



一方、
もうひとつ「時間を多く費やす」ところが、

学校や職場などの「人がたくさん集まる場所」です。



これは「住まい」と違い、
ほとんどが「人間関係」の影響を受けます。

▽人間関係の悩み解消はこちら▽

【今すぐ解消したい】人間関係の悩みに終止符を打つ3つのこと。

2020.09.14

そして、5感はもちろんのこと、
とくに影響を受けやすいのが「思考」です。



私たちの思考は、
喜怒哀楽の「感情」を作り出しています。



ですので、思考す
る「内容」によっては、
怒りなどの感情が生まれ、
それが「心」に影響します。



しかし、学校や職場などでは、
なかなか「思考」や「感情」を変えることは、
むずかしいように思います。



ですので、ここでひとつ、
そういった場所でも「幸運を発生させる」ような、
ヒントとなる方法を今からお伝えしようと思います。



それが、
不運を招いてしまうメカニズムです。



「そんなのヒントにならないよ..」と思いますが、
これには「幸運を招く秘訣」が隠されています。



私はかれこれ15年以上、
自動車の「メカエンジニア」をしてきましたが、
その中の「エピソード」をひとつお話します。


私が自動車部品の「製品」を作っていたとき、
ある日、このようなことがありました。

  • ××製品に問題あり。対処願います。

  • ○○製品問題なし。量産願います。


両方とも、機能も構造も「同じ製品」ですが、
なぜか「××製品」だけに問題が起こります。



そして、
後日判明したのが、

××製品
製造マニュアルをもとに製作
○○製品
製造マニュアルと、
過去に起きた問題点を分析したうえで製作

ということでした。



シンプルに言いますと、


××製品は

いつもどおりの製造方法で作った。


○○製品は

いつもどおりの製造方法に加えて、
過去に起きた問題点を現場で調査、
学習しながら作った。



ということです。



つまり、
○○製品は作るときに、
「問題が起きるメカニズム」
を知っていたので、



問題が浮上してこないのです。




ですので、
次にお伝えするメカニズムを知ることで、
幸運を招く「ヒント」を得られると思います。


不運を招いてしまう「メカニズム」とは?


不運を招いてしまう要因は、
自分は不運である!と「考え続けていること」にあります。



私たちの脳は基本的に、
「ネガティブが気になる」ようになっています。

▽こちらも読んでみてね▽

悪いことばかり思い出す

悪いことばかり思い出す時に。強い効果を発揮する3つの対処法。

2020.08.12

これと同じく、
自身の過去に起きた「不運な出来事」なども、
「気になってしまう」傾向があります。



そうすると、

「もしかして、自分は本当に不運なのかも?」
といった「疑問」が見えてきます。



たとえば、
ある「占い師」の方に、


今、あなたを中心に、
良くないことが起きてませんか?


と問われたとします。




そして、
こういうことが起きてませんか?
と言われると、どうでしょうか。

・最近ずっと体調が思わしくない。

・なぜか恋愛がうまくいかない。

・ここ何日か思わぬ出費が連続する。

・出かけるときに限って雨が降る。

・自分だけが嫌な思いをする。

・悪いことばかりが重なる。

・いつも努力が報われない。  

・今まで成功したためしが無い。

・ご縁がまったく無い。

・最近仮病で休めない。

おそらく、
2~3項目「当てはまる」ものが出てきます。



これをバーナム効果と言い、
「もしかして、当たってるかも?」と思ってしまうものです。



そうすると、
自身の中に「本当に不運なのかも?」という疑問が浮上します。




そして、
これが「本当なのかどうか」を、

  • TV、本、インターネット

  • 家族、友人、恋人

  • 職場、学校、ご近所


こういったところで「確認」します。



「そんな確認なんてしてないよ!」と思いますが、
これは「脳が無意識のうちに」してしまいます。




そうすると、

  • 突然自転車のタイヤがパンクする

  • 財布やスマホを忘れる

  • 肩こりと腰痛と頭痛が同時に起きる


このような「不運」と思える出来事が、
なぜか立て続けに起きたりします。



そのため、
「本当に不運を呼んでいるんだ!」と思いはじめてきます。



これは、確証バイアス
と呼ばれるもので、
印象強いものが「本当のことに思えてくるものです。



その結果、
サイコロ目のように「連続して起きること」は、
事実であるかのように思えてきます。

サイコロ

ですが、
これは不運なことに「敏感」になっているので、
起きる出来事に対しても「過剰になっている」のです。



たとえば、私の友人にも「雨男」がいますが、
これは、「自分が原因で雨が降っている」ように聞こえます。



しかし、
自然の摂理である「雨」という出来事は、
人の力で「コントロール」することはできません。



ですので、
自分が「雨を降らせた」というよりも、
たまたま降った雨に「合わせている」可能性があります。



つまり、


自分が雨男である「事実」を、

偶然に降った雨で「証明」したい


ということです。



では、どうして
このような事実を証明したいのかと言いますと、
自分が「雨を降らせた張本人になりたい」ためです。



これと同じく、「自分は不運である」思いが強いと、
たまたま連続して起きた不運に「合わせに行く」ということが起きます。



そうすると、


自分が「原因」で、
良くない出来事が起きている


といった思いになります。



ここまで、
「不運を招くメカニズム」をお伝えしましたが、
このことを知っておくことで、不運は遠ざかっていきます。



なぜならこれは、
幸運を招くメカニズムに変わるためです。


幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと

1.自身に「ゆとり」を作り出す

最初に紹介するのは、
心にゆとりを作り出す「基礎編」です。



先ほどの解説にもあったように、
心に「ゆとり」を作り出すには、
幸せや安らぎを持たせることになります。



そのため、

外側
5感に幸せや安らぎを与える
内側
心(思考・感情・カラダ)に幸せや安らぎを与える

このようなことが必要になります。



そして、
時間を長く過ごすメインの場所が「住まい」です。



住まいにゆとりを生み出す
主な方法としては、

  • 掃除や整理整頓をする

  • 心地よい空間を作る

  • 要らないものを断捨離する


こういったものになります。



私たちが受け取る情報の多くは、
「視覚」や「聴覚」といった5感から入ってきます。



ですので、日頃から目に見える範囲を、
「綺麗にする、整える」ことを意識することで、
心にも「良い影響」が生まれます。




そうすることで、
脳からは「快の感情」が起こり、「心のゆとり」に繋がっていきます。



今回のテーマで「重要」なことは、
自身が幸せと安らぎを
感じられるものを作り出す

ことにあります。




ですので、
「住まい」以外でも、

  • 健康や美容

  • 家族やペットとの時間

  • 友人や恋人との時間

  • 自分の時間


こういったことに、
「幸せと安らぎ」を作り出すことができると、
心のゆとりは広がります。



その他にも、


このようなことは「心」を整えますので、
さらにゆとり効果が高まります。



まずは自身の、

  • 大切なもの

  • 好きなもの

  • 大切な時間


をテーマにして、
幸せを感じられる「空間」をデザインしてみてくださいね。(^e^)


2.幸運の「証拠」を集める


次にお伝えするのは、
幸運を招く「証拠集め」です。



不運を招いてしまう要因は、

自分が「不運を考え続けていること」です。



そのため、
幸運を招き入れるためには、




自分が幸運であることを
考え続けるトレーニング




をおこないましょう。


1.ネガティブになってもOK

先述のとおり、私たちの心は基本的に
「ネガティブを見る」ようになっています。



そのため、ネガティブを無理に排除すると、
ネガティブなことが頭から離れなくなってしまいます。



ですので、まず最初に、



ネガティブになってもOK



と自身に許可をしてください。



そうすることで、
ネガティブは頭の中を反芻(はんすう)しづらくなります。

▽詳しい内容はこちら▽

不安が頭から離れない

不安が頭から離れない時に効果を発揮する3つの対処法。

2019.12.26

なぜこれを最初にするかと言いますと、
幸運探しをすると逆に「不運」が気になってしまうためです。



ですので、
べつに不運なことを考えてもいいや
という感じで楽観視できれば、不運なことも考えにくくなります。


2.幸運な出来事を探す


次に、
「もしかして、自分は…」

  • 幸運かもしれない

  • 恵まれてるかもしれない

  • 愛されてるかもしれない


という「事実」を探してみてください。



これは、

  • スマートフォンのメモ帳機能

  • 手帳、ノート

  • タブレット、ノートPC


このような
「記録できるもの」に書き出していくと、
より速い効果が生まれます。



ポイントは、
「小さな事実をたくさん集める」ことです。



なぜなら、

小さくても「事実」なので、偽りがありません。



この「事実」がたくさん集められてくると、
脳は「本当に幸運かもしれない」という事実を見せます。



つまり、
だんだん「幸運な出来事」が起き始めてきます。

▽こちらも参考にしてみてね▽

【今すぐ自分を変えたい】最速で叶えるシンプルな方法。

2020.07.03


3.幸運な出来事を経験する


先ほどの「幸運の証拠集め」に慣れてくると、
高い確率で「幸運な出来事」が起きてきます。




そうなってきましたら、
たくさん幸運な出来事を「経験」してみてください。




そして、幸せなことが
「連続して起きる」ようになってくれば、
それは、心の中に「ゆとり」が出来ている証です。



しかし、これは、
「単に偶然が重なっているだけでは?」と私は思います。



確かに、
これは連続して出るサイコロ目のような、
「確率論」が起こしている可能性もあります。



しかし、
確率論とは似て非なるポイントが、
一つだけあります。



それが、
「幸運に気づきやすくなる」ということです。


3.プレミアな幸運を「舞い込ませる」


最後に、
「希少な幸運を舞い込ませる秘訣」を紹介します。



先ほどの、「不運を招くメカニズム」の解説に、
不運な出来事が「立て続けに起きる」ものがありました。



これは、
確証バイアスが過剰になっているのもありますが、
もうひとつ理由があります。



それは、
「不運に気づきやすくなっている」ためです。



たとえば、「間違い探しゲーム」のように、
「間違いを探す!」という情報がセットされると、
どんどん間違いが見えてくるようになります。



これは、
脳にある網様体賦活系
という場所が「見つけやすく」しているためです。

▽こちらも読んでみてね▽

コンプレックスの悩み

コンプレックスを何とかしたい。悩む人に知って欲しい3つのこと。

2019.07.25

私たちが「間違い探しゲーム」をすると、
なかなか「見つけにくいもの」が出てきます。



しかし、
中には「よく見つけられたね」というくらい、
すぐに見つける人もいます。



これは、その人が、


ただ偶然に見つけた。

もしくは、

間違い探しに慣れている。


かのどちらかだと思います。



偶然に見つけたとしても、
「すごいセンスだなぁ」と感じます。



そして、
星の数ほど間違い探しをしてきた「達人」ともなると、もはや勝ち目はありません。(;^e^)



ですが、
私たちも間違い探しゲームを「何度も練習する」と、
以前よりも「早く気づける」ようになります。



つまり、
「気づきやすくなる」ということが起こります。



これは、
マインドセットが「間違い探し」になっているので、
「間違い」に気づきやすくなります。



ですので、
仮にマインドセットが「不運探し」になってると、
「不運な出来事」に気づきやすくなるのです。



そして、それを「何度も経験」すると…
結果は「言うべきにもあらず」です。(;^e^)



話を戻しますと、
マインドセットが「幸運探し」になっていると、
幸運や良い出来事に気づきやすくなります。



そして、それを何度もトレーニングすると、
とても「プレミアな出来事」に気づくようになります。



これは、
間違い探しゲームの「達人」のように、

  • 感性

  • 直観力

  • 備わっている運


といった「感覚」の領域が、
気づかせるようになります。



そして、
舞い込んできたプレミアな出来事は、
そのときは「普通」なのか「幸運」なのか分かりません。



ですが、自身の中に
「これだ!」という感覚が備わっていれば、
その出来事は「プレミアな幸運」に変わります。

▽こちらも読んでみてね▽

【人生が好転する前ぶれ】幸せが訪れる3つのサイン。

2020.07.13

分かりやすく言い換えますと、
家に突如、「超人気アイドル」が訪ねてきても、
格好がいつもと違うと「普通の人」に見えます。
しかし、何か「雰囲気」はあります。



仮に、超人気アイドルのことを
「全く知らなければ」とくに何も起こりません。



ですが、家に訪ねてきた人が、
自分の好きな「超人気アイドルだ!」となると、
そこから「何かしらの物語」が始まります。



つまり、
心に「幸運が芽生える準備」ができていれば、
「幸運のチャンスをつかめる」ことに繋がります。



その心の準備というのが、
今回お伝えした「心のゆとり」になります。



そして、
その幸運に変わる「出来事」というのは、



自身が時間を多く費やすところ



から舞い込んでくる可能性が高いです。



ですので、幸せのチャンスに気づけるように、
心にいっぱい「ゆとり」を作っておきましょう。(^e^)


エンディング(まとめ)


今回の内容をまとめますと、

1.自身にゆとりを作り出す

  • 住まいに「幸せと安らぎ」を作る
  • 自身に「幸せと安らぎ」を作る

2.幸運の「証拠」を集める

  • ネガティブになってもOK
  • 幸運な出来事をさがす
  • 幸運な出来事を経験する

3.プレミアな幸運を舞い込ませる

  • 稀少な幸運に気づきやすくなる
  • 心の準備しだいで、幸運のチャンスに変わる

以上となります。


学校や職場、仕事が忙しいと、
心にゆとりを持たせるのはむずかしいかも知れません。




なぜなら、
人と人との繋がりから色んな悩みが生まれるためです。




でも、
自身のもとに幸せが運ばれてくるのもまた、
人と人との繋がりです。




人との関係は悩ましいことのように見えますが、
すべてがそういうことでもありません。




そんな中でも、
お互いが「幸せな気持ち」になることもできます。



それもまた、
お互いが望んだものが巡り合った瞬間なのかも知れません。




こういった笑顔の出会うところに、
幸せの好機は運ばれてくるのだと感じます。




本記事を最後までご覧いただき
ありがとうございました。(人ё)☆