コンプレックスを何とかしたい。悩む人に知って欲しい3つのこと。

コンプレックスの悩み

好きな人と会話ができない。

外に出かけると人目が気になる。

自分の将来に不安を抱えてしまう。



コンプレックスの悩みは、
なかなか人には言えず、自分
で抱え込んでしまうのが実情です。



そして、
コンプレックスのほとんどは、



容姿的なこと

内面的(性格)なこと

能力的(価値)なこと


こういったことで起こります。



そして、これらはすべて
他者との比較によって起こります。




このとき、

  • 自分は何もできない

  • 自分には価値がない

  • もっと良い境遇で生まれたかった


このように、
自分を「責めて」しまいがちになります。



ですが、
今回お伝えする「3つのこと」
知っておくと、
悩みを解消する「大きなヒント」に繋がると思います。




本記事がお役立てになれたら幸いです。
是非ともご覧ください。

1.コンプレックスは「日本」の言葉


コンプレックスという言葉は、
もともとは「心理学用語」
として使われていたものです。



有名なもので言いますと、
心理学者
ユングが使っていたものと、
アドラー
が日本に流入したものがあります。



心理学者ユングのコンプレックスは、
ファザーコンプレックスやカインコンプレックスなどが代表的です。



大まかな内容としましては、

「感情に色付けされた心的複合体」という意味になります。

カール・グスタフ・ユングは、スイスの精神科医・心理学者。ブロイラーに師事し深層心理について研究、分析心理学(ユング心理学)を創始した。

意味がむずかしいですね。
もっとシンプルに言いますと..



自分に強いこだわりがあり、
その感情が愛着なのか、抵抗なのか、憎悪なのか、
本人でもよく分からない
というものです。



余計むずかしくなったような気がしますが..
(;´e`)




これにはいろんな種類があって、
分析用に
○○○コンプレックス」という名前を付けたことが始まりです。

ユングの分析コンプレックス例

  • カインコンプレックス 
    兄弟姉妹間の親の愛をめぐる葛藤


  • マザーコンプレックス
    子供が母親に抱く愛着


  • ダイアナコンプレックス
    男性には負けたくないという女性心理


  • エディプスコンプレックス
    息子の父親に対する対抗心


  • イオカステーコンプレックス
    母親の息子に対する愛 など

そして、
私たちが知っているコンプレックスは、
心理学者「アドラー」によって提唱された、



劣等コンプレックス
のことです。



アルフレッド・アドラーは、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。

これは、
アルフレッド・アドラーが、

人は劣等感を覚えるマイナスの状態から、優越感を覚えるプラスの状態を目指して行動する生き物である。

こういった劣等(inferiority)複合(complex)を中心とした理論を日本に流入しました。



ですので、
「劣等コンプレックス」と呼ばれていたのです。



そして、
今では「コンプレックス」という言葉自体が、
劣等感というイメージとなって日本に定着していったのです。



このことから、
コンプレックスはもともと、
「劣等感」という意味ではなかったことになりますね。

▽こちらも読んでみてね▽

何もできない自分を変えたい。自分本来の才能を呼び戻す3つの方法。

2020.08.31

2.違和感を「正しく」する心理

突然ですが、
AとBの絵は、どちらが気になりますか?


それよりも、この謎の生物が気になる..
というのは置いといてくださいね(;^e^)



先に目に入ったのは、Bの右下だと思います。
色が違うので気になりますよね。



このとき「違和感」を持つと思いますが、
これを、
認知的不協和といいます。



これは、

  • きっちり整えられた方が気持ち良い

  • 同じ色にした方が良い

  • 黄色いのはそのうちピンクになるはずだ


こういった「綺麗に正したい」という心理がはたらきます。




童話のシンデレラに例えるなら、
継母と娘がシンデレラに対して「あざ笑ったり」、
「イジメたり」したのも、この認知的不協和によるものです。



もちろん、
コンプレックスを抱えている人に、
「なんか、かんか言ってくる人」にも同じことが言えます。



しかし、
継母たちは先ほどの絵のように「色が違う」から
シンデレラをイジメていたのではありません。



実は、自分たちに
ただならぬ「違和感」が起きたからです。



ちなみに、
それは何なの?と言いますと..




恐怖です。



継母たち
継母は「わらわは裕福で、優れてますわよ」
というプライドを守らなければなりません。

⇩  ⇩  ⇩


娘たちは継母の強いバックアップがあるため、
「ウチらには逆らえまへんよ」と傲慢になります。

⇩  ⇩  ⇩


新しい家に行くとシンデレラがいたので、
継母たちに認知的不協和が生じます。

⇩  ⇩  ⇩


そして、継母に「何かの違和感」が起きます。
なぜなら、シンデレラには、
「自分に無いものを持っている可能性」
があるからです。

・若さ

・美貌

・優しさ など..


なので、継母は「プライドを守らなあきません」
という恐怖を心の奥の方で感じます。
⇩  ⇩  ⇩


なぜなら、プライドが崩れると、
継母にとって死活問題に発展するからです。

⇩  ⇩  ⇩


継母はプライドを死守するため、
シンデレラに嫌なことを言ったりイジメたりして、
「出る釘は打つ状態」にします。

⇩  ⇩  ⇩


連れ娘たちも、
同じようにシンデレラをいじめます。
これは、継母という強いバックアップがあり、
優越感に浸ることが出来るからです。
⇩  ⇩  ⇩


シンデレラをかばったりすると継母に怒られるので、
これもまた自分たちを保護するためにイジメます。


このように、
継母たちの恐怖心が駆り立てられたことで、
シンデレラはイジメや超過労働を受けました。

シンデレラ

つまり、
継母は「プライド死守」娘たちは「優越感を得る」
という行動が、負のスパイラルを発生させたと考えます。



シンデレラから見たら、
継母たちの「自己都合」など知る由もなく、
イジメてくる意味すら分かりません。



しかも、みんなから責められるので、
「なんでウチがこんな目に遭うんよ..」と悩み込んでいたと思います。

▽こちらも読んでみてね▽

悲しいことがあった時に。気持ちを落ち着かせる為の3つのこと。

2020.11.17

ここまでシンデレラを例に説明しましたが、
お伝えしたかったことは、

シンデレラ

コンプレックスで悩む人


継母

執拗にイジメてくる人


連れ娘

傲慢な人


になります。



連れ娘タイプのような人は、
継母のような強いバックアップがあるので、
自分たちの優越を得るために好き勝手に言ってくるでしょう。



ですが、その人は
バックアップが無くなった途端、
「揺り戻し」というハードな試練を受けることになります。



そして、
自分の過ちに気づき、人生というものを学びます。

▽揺り戻しの詳しい説明はこちら▽

良いことが続くと怖い

良いことが続くと怖い。災難を起こさない為の3つのこと。

2019.08.11

連れ娘のように傲慢にならず、
自分としっかり向き合える事ができる
あなたは、
「心の強さ」を実感するとともに、ご自身を心深く賞賛してください。



継母タイプのように、
執拗に
責めたり、イジメたりする人は、



ハッキリいうと、
あなたのことが嫌いです(;´e`)



しかし、

なぜそのようになるのかと言いますと、
3つの隠しきれない「思い」があるためです。



それが、

  • 【本当は】あなたがうらやましい

  • 【本当は】あなたに好かれたい

  • 【本当は】あなたに認められたい


です。




プライドの高い人は、
素直になりたいけれどなれない人がほとんどです。



優しそうな人には逆の態度や言動をとったり、
責め立てるような「反発」も起こします。




しかし、プライドの高い人は、
「あなたと同じ悩みを抱えてきた人」でもあります。



ですので、
「劣等感」にはとてもシビアであると同時に、




私をもっと尊重してほしいと思っています。



もし、継母タイプのような人が周りにいて、
あなたの優しさがその人を尊重することができたら、
その人はあなたの強力な味方になります。



そして、
連れ娘タイプの人たちもボスには逆らえないので、
コロッと態度が変わり、知らないうちにあなたの味方になります。

▽こちらも読んでみてね▽

【今すぐ解消したい】人間関係の悩みに終止符を打つ3つのこと。

2020.09.14

3.思ったことが「見える」心理

突然ですが、
このカラフルなキャンディの中から
オレンジ色だけを探してみてください。

カラフルキャンディー
どうでしょうか。
濃いものや薄いのもありますが..



このように、
オレンジ色だけ限定 



というキーワードが頭にセットされると、
だんだんオレンジ色が見えてくるようになります。



これは、
脳幹網様体賦活系という脳のフィルターが、
セットされた情報だけを集めるためです。



そして、この「情報集め」は
コンプレックスで「悩んでいるとき」にも起きています。



たとえば、
先ほどの「キャンディの写真」で、



絶対にピンク色を見てはダメですよ!



と言われら、どうでしょうか。



「スマホ画面を巻き戻してまで」ピンク色を見つけてしまいました。(;^e^)



このように、
私たちは「絶対やってはダメ」というものが、
なぜか「気になり」
ますね。



つまり、
コンプレックスも
「絶対ダメなこと」と考えると、
そればかりが「気になってしまう」のです。



そうすると、自分では気づきませんが、
先ほどの「情報集めのフィルター」がはたらきます。



その結果、
なぜか劣等感やネガティブに関する
「情報ばかり」が見えてくるようになります。



ですが、
反対にピンク色も見てもいいよ」と言われると、
どうでしょうか。




先ほどの「絶対見てはいけない!」よりは、
さほど「気にならなく」なります。



ですので、
コンプレックスの不安や悩みが続くときは、



コンプレックスがあってもいいや



といった感じに「一度受け入れて」みましょう。



つまり、
私たちは禁止されることが「気になる」ので、
反対に「自分で許可してしまう」のです。



そうすることで、
情報集めのフィルターも過敏に反応することなく、
深く悩み込んでしまうこともなくなります。



ここで大切なのは、
コンプレックスの悩みを「考え続けないこと」にあります。



なぜなら、先ほどの「色探し」のように、
悩みに没頭すると「他の色」が見えなくなるためです。



こういう時こそ、一度悩むことを止めてみて、
ご自身のまわりにある「良い色」を探してみてください。



そうすることで、あなたのまわりに、
良いなぁと思える出来事が「たくさん集まってくる」ことと思います。

▽こちらも読んでみてね▽

運命が変わり始める。幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと。

2020.10.29

エンディング(まとめ)

花
最後にもうひとつお伝えすることがあります。



それは、
自分と比べたほうが「お得」ということです。



私たち「人」は、
長い年月をかけて「社会秩序」を作り上げてきました。




人の上に立って優越を感じるのも、
劣等感で自信を無くすのも、社会的な「比較」がほとんどです。




ですが、
たくさんの人と比べて一喜一憂するよりも、
もっと大切なことがあります




それは、


昔できなかったことが、
「今」の自分にはできている。


昨日の自分より、
「今日」は一つ成長することができた。


様々なリスクを乗り越えてきた、
強い「今の自分」がいる。


こういった「自分自身と比べること」です。



比較とは、本来「現状を認識するもの」で、
そこに良い悪いといった概念はありません。



ですが、社会という「秩序」の中では、
プラスとマイナスが「良い悪い」に極化し、
それが「人の価値である」という風に変形してしまったのです。




なので、ここはひとつ、
過去の自分より「成長できた自分」をたくさん感じてみてください。




そうすることで、
自身の更なる「成長と喜び」に関することが、
だんだん見えてくるようになりますよ。(^e^)




本記事を最後までご覧いただき、
ありがとうございました( 人ё )☆