【願いを叶える秘策】ブレイクスルー曲線に隠された方程式。

願いを叶える
みなさんは、
ブレイクスルーという言葉をご存じでしょうか。

 

日本語では「突破口」とも呼ばれ、
難題などの壁を突破する意味でも使われています。

 

他にも、
技術(テクノロジー)が飛躍的に進化する。といった意味でも使われています。

 

ブレイクスルーは、
私たちの「行動力」にも大きく関係しています。


願いに向けて、
行動を「継続」することが出来れば..

あるタイミングで突破口(転機)が訪れ、
成就までのスピードが加速するというものです。

 

今回はブレイクスルーの内容と、
その継続力が描き出す「方程式」について解説いたします。

 

願いを叶えたいと思われている方に、
良いヒントになって頂けたら嬉しいです。

ブレイクスルー「曲線」とは?

はじめにブレイクスルー曲線について説明します。



そのあとに、
私が考察した「方程式」を解説しようと思います。



私たちが願いや目的を決めたとき、
このようなフォーマットが作られます。



それが、
成果(目的) = 時間(労力)です。


目的(願い)の図式

願いを○○日後、または○○年後と決めたとき、
上の絵のように時間とともに成果も上がっていくイメージをします。



はじめは、この真っすぐな直線どおりに、
成果を得られていくように感じます。


ブレイクスルー曲線

ですが、
実際のところ
ブレイクスルー曲線(赤い曲線
は、
上の絵のように、ゆるやかなカーブを描いています。



願いへ向けて行動し始めたころは、

  • 情報の収集

  • 情報のインプット

  • 練習やトレーニング


こういったことを試みているので、
成果については、あまり実感ないかも知れません。




このとき、
頭で考えているのが「黄色い点線」になります。



そして、何日か過ぎると、
「時間と労力を費やしている割には成果が出ない」という期間が現れます。



これは、時間と成果の「ギャップ」が原因で、
頭で考えていたイメージとブレイクスルー曲線に乖離(かいり)が起こっている時に実感します。


挫折ポイント

よく、ここで感じてしまうことは、

このまま成果が出なかったらどうしよう?

自分には向いていないのかも知れない

時間と労力だけが過ぎてしまうだけなの?

こういった不安です。



ですので、
もう諦めた方がいいかも..などと思ってしまいます。




ここで、
私たちにはコンフォートゾーンと呼ばれるものがはたらきます。



これは、痛みや苦しみを伴わない方へ戻る、
つまりは、快適を求めてしまう心理のことです。

▽こちらも読んでみてね▽

新しいことを始めたいけど怖い。不安をすぐに打ち消す3つの方法。

2020.12.12

ほとんどは、
この挫折ポイントで諦めてしまいます。




そして、ここで起こりうるのが、
目的(願い)が自身の手に届く範囲(水準の低いところ)に変更されていくものです。



もしくは、
本来とは全く違う「別の願いに変更する」いうこともあります




しかし、
実はこの「挫折ポイント」が、
願い成就の重要通過点になります。


ブレイクポイント


先ほどの「挫折するポイント」から、
願いを諦めずに、そのまま努力を続けていった場合は、しばらく何も起こりません。



ですが、行動を続けていると、
何か「予感」のようなものを感じます。



そして、
さらに行動を積み重ねていると..




突然何かの壁を突破したような感覚



を実感します。




どんな感覚なの?と言いますと、
「高揚感が溢れてくるような感じ」です。



例えるなら、
「入手困難だったもの」が手に入ったような感じです。




入手困難だったものは、
「手に入った後」に高揚感が溢れてきますが、
ブレイクスルーは「願いが叶う前」に溢れてくるような感じです。



そして、

色んな「ひらめき」が起こる

自信や安心感が湧いてくる


ぼんやりしていたイメージが明確になる

思ってもみない角度からチャンスが訪れる

願いが一気に叶い始める

このようなことが起きます。



これは、
行動によって培われた「様々な経験」が、
自分の中で「ひとつ」になった状態。



つまり、
ブレイクポイントに達した瞬間です。




この成長曲線の図でも分かるように、
ブレイクポイントを通過した後は、
願望成就
までのスピードが一気に急成長します



ブレイクスルー曲線の「方程式」とは?


このブレイクスルー曲線【赤い曲線】が、
「なぜこのような曲線になるの?」と思い、
算式について調査したのですが..




私の考察では、

この式に近似しているように思います。



願いを叶える成果量がY軸になり、
時間と仕事量がX軸「ab×」となります。



そのため、行動を「継続」することで、
指数関数的な成長をするのでは?と感じました。

実解析における指数関数は、冪における指数を変数として、その定義域を主に実数の全体へ拡張して定義される初等超越関数の一種である。

これをパソコンの演算に例えると、
Y軸が「計算した結果」になり、
X軸が「情報処理力」になります。




ちなみにコンピュータは、
「0」か「1」(オン/オフ)のデジタル方式で、
情報処理を行っています。



そして、
この処理力が高いほど、「計算結果も速く」なります。



つまり、
処理能力が高い = 成果が速くなる
ということです。



コンピュータは0と1の「2進数」で処理するので、
Y軸の成果量は1、2、4、8、16、32、64、128、256、512、1024…といった具合に増えます。



家電量販店にある「SDカード」や「USBメモリー」などが、この数字を使用していますよね。

【時間・仕事量】【成果量】
1        
2        
3        
4        :16
5        :32
6        64
7        128
8        :256
9        512
10       1024

そして、
これをグラフで表すと、このようになります。

そして、私たちの脳もコンピュータと同じく、
オン/オフで繋がるニューロン神経細胞で構成されています。

ニューロンシナプス

これは「シナプス」という接触構造が、


離れた状態でオフ(OFF)

くっつくことでオン(ON)


にして、情報伝達をおこなっています。

シナプスとは、神経情報を出力する側と入力される側の間に発達した、情報伝達のための接触構造である。

そして、
願いに特化した「学習や経験」することで、
シナプスは活発になり「その情報が強化」されていきます。



つまり、


コンピュータの時間×仕事量

私たちの経験と学習


コンピュータの成果量

私たちの願いや目標


とした時、
2進法と同じ処理をしている双方には、
かなり大きな整合性があると私は考えます。




その結果、経験や学習が多いほど、
成果量が一気に早くなるということも言えます。




このことから、願いに向けて行動を続けると、
上記のグラフが示す曲線通りになると言えます。

▽こちらも読んでみてね▽

願いを叶える

【確実に叶えていく秘訣】願いを成就させる3つの大切なこと。

2021.06.28

しかし、
これはあくまで「行動と時間」がうまくマッチして、
スムーズに成果を得てきた場合のグラフです。




そのため、時間は経過していても、
何らかの形で「行動」を止めてしまったら、
そこで曲線の成長は止まります。




ですが、たとえ止まったとしても、
再び願いに向けて「行動」を続けた場合も、
成果は再び動き出します。



ですので、願いを諦めないかぎりは、
確実にブレイクポイントを通過することになります。

エンディング(まとめ)

祈り
今回の内容を要約しますと、

挫折しそうな時期が来る

  • 願いとイメージに乖離が起きるため。

ほとんどはそこで諦めてしまう

  • 安全への回帰(コンフォートゾーン)がはたらく。
  • 不安や心配が大きくなる。

諦めずに行動し続けると何か感じるときが来る

  • ブレイクスルーの予感がする。

願いの成就が加速し始める

  • シナプス活動と指数関数に整合性がある。
  • 願いに向けて行動を継続すると、
    確実にブレイクポイントを通過する。

となります。


日常生活を過ごしていると、
なかなかブレイクスルー曲線どおり、うまくいかない事もあります。




途中で諦めそうになったり、
挫折したり、放棄したり、深く悩むこともあります。



そのときは、無理せずカラダを十分休めたあとに、
自身が決めた「願い」をもう一度思い出してみてくださいね。



ひとつだけ言えるのは、
願いを思い続けるかぎり、
方程式が描く曲線のとおりに成果が積まれていきます。




たとえ、それが100の行動でも、
1の行動でも確実に成就へと近づきます。



このような、一つ一つの積み重ねが、
幸せなブレイクスルーを招く「秘策」となるでしょう。




本記事を最後までご覧いただき、
ありがとうございました。( 人ё )☆