悪いことばかり思い出す時に。強い効果を発揮する3つの対処法。

悪いことばかり思い出す
いや~今日は楽しかったなぁ。
家でキャンプするのも良いなぁ。

 

日曜のTV
チャラチャチャーン♪
チャラチャチャーン♪

 

ん?そういえば。
明日会社で報告会があったよな。

 

ヤバい!
まだ資料が完成していなかった!
悪いこと思い出しちゃったよ~!

 

このように、
休日が終わったとき、朝起きたとき、
会社や学校に行くとき、友達と遊んでいるとき、
寝る前などに、ふっと頭に浮かんでくるのが..


  • 過去の悪い出来事

  • 将来への不安

  • 自分への不安



などの「イメージ」です。



そして、
なぜか良いことよりも
「悪いことばかり」が、
頭の中をぐるぐる駆けめぐります。



それを解消するべく、楽しいことで気を紛らわしたり、いろんなエクササイズを試したものの、また何かのタイミングで「悪い記憶」が思い出されます。



これは、私たちの脳内にある
「感情を取り扱っている器官」が、
すごく敏感になっていることが要因です。




この場所がつねに「恐怖を感じている」ので、
悪いことが頭に浮かびやすい状態になっているのです。



ですが、これは「ある貢献」をすることで、
「悪いことばかり思い出す」ことを防ぐことができます。



今回は、「なぜ悪いことばかり思い出すのか?」の解説を交えながら、対処するための「最善の方法」をお伝えするべく、



強い効果を発揮する3つの対処法。



を紹介します。

すぐに対処したい!という方は、
下のコンテンツから、
強い効果を発揮する3つの対処法
までジャンプしてくださいね。

いち早く解決できれば嬉しいです。
是非ともご覧下さい。

なぜ悪いことばかり思い出すの?


「悪いことを思い出す」ときは、
とくに朝起きた時、じっとしている時に起こります。



これは、「大脳皮質」に眠っていた記憶が、
目を覚ますためです。

ちなみに、
何かを思い出したり、イメージするときは、

ここが「映像化」しています。



そして、
もう一つ
海馬という場所があるのですが、
ここにも「記憶」が保存されています。

海馬には、強いインパクトのある記憶
何度も繰り返し覚えたものがあります。



ですので、「部長に怒られた記憶」や
「子供のころの思い出」などはココにあります。




そして、これらの記憶は、
ある「きっかけ」によって呼び覚まされます。




それが、

思考(雑念)

視覚

聴覚

嗅覚

味覚

触覚

による刺激です。



たとえば、
レモンを見たときに「唾液が出る」のは、

目から入った情報が「記憶」を呼び覚ますためです。



思考も同じく、
雑念のイメージや言葉がきっかけとなり、
それに関する記憶を呼び覚まします。



このような現象を条件反射と言い、


○○が起きたと同時に○○になる


といった風に、
きっかけ = 記憶 がシンクロすることを言います。



つまり、悪いことや嫌なことばかり思い出すのは、
この「条件反射」が敏感になっているのです。



どうしてなの?と言いますと、
これは「インパクトの強い記憶」によるものです。



私たちは、
何か「嫌だなぁ..」という出来事があると、

「そのことばかりに注目する」ことが起こります。



これを社会心理学で「自己注目」と言い、
「そればっかり気になってしまう」というものです。



たとえば、友達とケンカした日の夜などに、

「気になって眠れなくなる状態」のことです。



このとき、脳の前頭前野というところが
「嫌なこと」や「悪いこと」ばかり考えます。

前頭前野

どうしてこんなことするの?と言いますと、



その「嫌なこと」や「悪いこと」を
解決する方法を考えている
ためです。




つまり、不安を取り除いて、
もとの安心に戻す
方法を算出しているのです。

▽こちらも読んでみてね▽

不安が頭から離れない

不安が頭から離れない時に効果を発揮する3つの対処法。

2019.12.26

たとえば、私が広場を歩いていて
「落とし穴」に落ちたとします。(;´e`)



そうすると、その出来事は

「悪い思い出」として記憶に残ります。



そのあとも..

  • 広場を見るたび思い出す。

  • 「落ちる」と聞くと思い出す。

  • 当時とおなじ服を着たとき思い出す。


このように、
そのときの「嫌な記憶」が浮かんできます。




そのたび私は「不安」を感じるので、
前頭前野が「何とかしなければ!」と考えます。



このときに使われるのが、
先ほどの「悪い思い出」です。



そして、
前頭前野「その記憶をテーマ」に、

  • なぜ落とし穴に落ちたのか?

  • なぜ気づかなかったのか?

  • 私がだらしないからなのか?

  • 普段のおこないが結果にでたのか?

  • どうしたら落ちないようになるのか?


こういった感じに「原因と結果と対策」を、
あれこれ考えます。




これが、
「悪いことばかり思い出している」状態です。



そうすると、私の前頭前野が、
「その広場に行かなければ大丈夫!」
という解決法を導き出します。(;´e`)オソ!



そして、このあと広場を通らないようにすると、
「大丈夫だった」ので、悪い思い出はだんだん消えていきました..



のはずなのですが、



「落とし穴に落ちる自分はダメな人間だ..」
などの思いがあると、悪い思い出は残ります。



そして、
今度は「自分を改善する方法」が始まります。




ふたたび「悪い思い出」がテーマになるので、
その嫌な記憶は何度も繰りかえし起こります。



そうすると、
脳の
海馬に「長期記憶」として定着し、
考えれば考えるほどインパクトの強い記憶へと変化するのです。



こういった記憶は、
マッチのように
「すぐに火がついてしまう状態」にあります。



そのため、
ちょっとした「きっかけ」でも記憶に火がついてしまい、悪い思い出が燃え上がってしまうのです。



これが、先ほど説明にあった
「条件反射が敏感になっている状態」です。

▽詳しくはこちらを読んでみてね▽

不安ばかり考えてしまう時に。憂鬱な気持ちを取り払う3つの対処法。

2021.04.19

起きてしまった出来事は無念ですが、
それを「ずっと考え続けてしまう」のが敏感になる原因です。



しかし、なぜ私たちは「良いこと」よりも、
嫌なことや悪いことばかり覚えているのでしょうか。



これは脳の奥の方に、

あえて「不安や恐怖」を特化している場所があるためです。



それが、
扁桃体(へんとうたい)です。



「恐怖」を管理する場所


扁桃体とは、シンプルに言えば
「危険を察知するところ」です。



「原始の脳」とも呼ばれており、
すべての生き物が持っている「防衛する脳」です。




ここは、

不安や恐怖を作り出す

情動(感情)を作り出す

恐怖を学習する

闘争心が芽生える

逃走反応をする

こういった役目をしています。

すごく「恐怖」にシビアなところで、
つねに危険なことを見張っています。



たとえば、家のドアノブを触ったときに、
静電気が「バチッ!」と走ると、私たちは瞬時に手を引っ込めます。



仮に「よそ見をしていた」としても、
なぜかカラダが勝手に動いてしまいます。



これこそが扁桃体の「役目」であって、
危険を察するプロフェッショナルなのです。



ですので、
基本的に「怒り」や「悲しみ」のような、
マイナス感情しか取り扱っておりません。

▽こちらも読んでみてね▽

悲しいことがあった時に。気持ちを落ち着かせる為の3つのこと。

2020.11.17

扁桃体は、笑顔の素敵な人よりも、
「眉間にシワをよせた人」に反応します。



つまり、
怒っているような人を「危険」とみなし、
すぐに「恐怖」の感情を起こします。



竹中直人さんのように「笑いながら怒る人」も、
危険とみなし、恐怖の感情を起こします。



そうすると、

  • 逃走、後悔、劣等感、罪悪感、嫌悪

  • 攻撃、怒り、嫉妬、憎しみ、不満

  • 軽蔑、恨み、空虚、苦痛、恥ずかしい

  • 不安、焦り、がっかり、心配

  • 絶望、泣く、悲しむ、寂しい


このような情動(感情)が起きてきます。



そのときの「状況」によって、
起きてくる情動はそれぞれですが、
とにかく「マイナス感情」がメインです。



これらはネガティブなものばかりですが、
本来は危険を避けるための
「行動エネルギー」となるのです。



先ほどの説明に、
悪い記憶に敏感になるというのがありましたが、
これは扁桃体
海馬にくっついているためです。

たとえば、
外から何かしらの「ネガティブ」を受けると、
5感を通して扁桃体へと伝わります。

そうすると、
扁桃体は刺激されて「ネガティブ」になり、
近くにある海馬を刺激します。




このとき、
海馬は「ネガティブな記憶」が触発されて、
近くにある扁桃体をさらに「刺激」します。

すると、
さらに扁桃体は「ネガティブ」が敏感になり、
不安や恐怖に対しても敏感になります。




このように、扁桃体海馬
「ネガティブのキャッチボール」が続くので、
どんどん「悪い記憶」が湧き出てくるのです

つまり、これが..



悪いことばかり思い出す原因です。




しかし、
これは扁桃体を「幸せ感」で満たしてあげることで、解決へと繋げることができます。




強い効果を発揮する3つの対処法

1.すぐできる対処法3


まず最初に、
「すぐに出来る対処法」を3つ紹介します。

内容
1.ネガティブと距離を置く

2.身のまわり掃除・整理整頓

3.ウォーキング

1.ネガティブと距離を置く

1つ目の対処法は、
「ネガティブと距離を置く」ことです。



たとえば、

  • ネガティブな情報(人)

  • ネガティブなもの

  • ネガティブな言葉


などは、できるだけ距離を置きましょう。



説明にもありましたが、
外からの「ネガティブ」を受けることで、
扁桃体と海馬が「過敏」になります。



そうすると、
「ネガティブ思考」になりやすく、
「嫌な記憶」も起きやすくなります。



ですので、

ネガティブな情報(人)

できるだけ見たり聞いたりするのを止めて、

・為になるような情報

・癒されること

・楽しい嬉しいこと

に変えましょう。

自身にとって「楽しい」「愛情がある」と、
思えるような人と交流しましょう。



ネガティブなもの

ネガティブな曲、動画、ピクチャーなどは
できるだけ距離を置き、
自身にとって楽しいものに置き換える。


ネガティブな言葉

ネガティブな言葉の代わりに、
自身にとって「心地良い言葉」に変える。
ありがとう。運が良い。恵まれているなど。

このような習慣が身についてくると、
嫌なことや悪いことを感じる「敏感さ」が薄れていきます。



3日間続けるだけでも、
かなり効果を感じられますよ
。(^e^)



2.身のまわり掃除・整理整頓

2つ目の対処法は、
「身のまわりの掃除と整理整頓」です。



私たちが受け取る情報の中で、
いちばん影響があるのが
「視覚」からの情報です。



そのため、
部屋が散らかっていたり、汚れていたりすると、

それが「嫌な記憶の引き金」になります。



それを防ぐためにも、まずは目に見える範囲の
「身のまわりの掃除と整理整頓」をしましょう。




これは私の経験則なのですが、
要るもの、要らないものを分別していると、

  • 以前通っていた診察券

  • 事情のある写真や手紙、ハガキ

  • いつか売ろうと思ってたもの


などの「不安をほのめかすもの」が出てきます。



突然思い出される嫌な記憶は、
このような「些細なもの」が、きっかけになる可能性があります。



ですので、
これを機に思い切って「断捨離」してみましょう。




そのときは「学ばせてくれてありがとう」
と心の中でつぶやきながら手放してください。




不安になるけど、思い入れがあって
どうしても手放せないものもあると思います。



そのときは、「箱」に入れておき、
目に入らない場所に保管しましょう。

▽断捨離に関する記事はこちら▽

運命が変わり始める。幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと。

2020.10.29


3.ウォーキング

3つ目の対処法は、
「カラダを動かすこと」です。



これは「すぐに対処したいとき」
です。



内容は、ジョギングをしたり、
スポーツをしたり、ダンスをしたりと、

「カラダを大きく使う」ものが効果的です。



カラダを動かすことによって、

  • ドーパミン

  • エンドルフィン

  • セロトニン


こういった「幸せを感じるホルモン」が脳内に分泌されます。




これらの物質は、
扁桃体が出しているストレス物質「抑えるはたらき」をします。



カラダを動かすといっても、
方法は人それぞれだと思います。



その中でも、幸せホルモンを効率よく促し、
手軽におこなえるのが「ウォーキング」です。



さらに、緑地公園などの「自然の多いところ」
でおこなうと、とても効果的です。

森林浴

これをグリーンエクササイズと言い、
自然が織りなすゆらぎが心身に癒しをもたらします。



嫌なことや悪いことが頭から離れないときは、
まず「カラダを動かす」ことを行いましょう。



5分ウォーキングをするだけでも、
かなりスッキリすると思います。

▽こちらも読んでみてね▽

悩み事が多くて疲れてしまった時に。心を軽やかにする3つのこと。

2020.06.08

2.不安を「制御」する


次に紹介する対処法は、
「頭に浮かんでくる不安を制する」ものです。



これは、
問題とされるものを「すべて書き出す」ことで、
その全容を明らかにします。




私たちの悩みや不安は、
頭の中を「ふわふわ漂っている」状態にあります。



そうすると、どの角度から、どのタイミングで
不安に襲われるか分からないので悩みます。



ジャングルに例えるなら、
いつ襲われるか分からない猛獣たちに囲まれて

日々を過ごしているようなものです。

つまり、自身が猛獣たちを把握できていないので、
「恐怖に振り回されて」悩むのです。



ですが、その猛獣たちを
「一か所」に集めると、どうでしょうか。



「悩ませていた恐怖はこんな感じなんだ」と、
その全容を見ることができます。

そうすると、

  • 小さな猛獣なら大丈夫そうだ

  • 中くらいのは、周りと相談すれば何とかなりそう

  • 強いのは「触らぬ神に祟りなし」


こういった感じに「不安を知ること」ができます。




ですので、
いま不安や心配に思うこと、怖いことを、



すべて書き出してみてください。



そして、上記のように、
「解決できそうな順番」に並べてみてください。



この対処法で大切なのは、


不安や恐怖に揺さぶられるのではなく

⇩   ⇩   ⇩
不安や恐怖を自身で制御する


といった思いに変えることにあります。



小さな問題が解決できるようになると、
次の問題も解決できるようになります。



雨垂れ石を穿つという「ことわざ」がある通り、
その解決能力が、いずれは大きな解決へ繋げることも可能になります。

雨垂れ石を穿つ
(あまだれいしをうがつ)
軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、
長いあいだ同じ所に落ち続ければ、
ついには硬い石に穴をあけるという喩え。

▽こちらも読んでみてね▽

【今すぐ安心感を得たい】早急に悩みを解消する対処法3選。

2021.03.06

3.「利他」への貢献


最後の対処法は「利他に貢献すること」です。



これは、前回紹介した徳を積むことです。



では、どうして徳を積むことが
対処法になるの?と言いますと、



扁桃体が安心するためです。




徳積みの内容としては、

  • 掃除や整理整頓

  • 周りの人への親切、助け合い

  • 周りへの思いやり、感謝


こういったものです。



そして、
徳を積むことでお互いに「感謝」が生まれ、
自身や貢献を受け取った人の心に「愛情」が生まれます。



そうすると、
貢献した人、された人の「脳」




幸せだなぁとしみじみ感じます。



そうすると、脳内には、
オキシトシンという物質が分泌されます。



これは、
「愛情のホルモン」とも呼ばれ、

  • 幸せ感の向上

  • 不安や恐怖を抑制する

  • 記憶力の向上

  • ストレスの緩和

  • 心臓機能の向上

  • 免疫機能の向上

  • 質の良い睡眠を生む


こういった効果をもたらします。



そうすると、
オキシトシンは興奮している扁桃体に「作用」し、
マイナス感情を打ち消すと同時に、
安らぎを与えます。



このことから、徳を積むことによって、
貢献した人もされた人も幸せな気分になり、
さらに自身の「心」を成長させることができます。



悪いことばかり思い出すときには、
自身とまわりが「幸せになること」を行いましょう。



そうすることで、
私たちから生まれる「愛情」が解決へ導いてくれますよ。(^e^)


エンディング(まとめ)


今回のお話しをまとめますと、

1.すぐに出来る対処法3選

  • ネガティブと距離を置く
  • 身のまわりの掃除・整理整頓
  • カラダを動かす(ウォーキング)

2.不安を「制御」する

  • 問題をすべて書き出して、自分で制御する。

3.利他への貢献をおこなう

  • 自身と周りが幸せになることをする。(徳を積む)

になります。


悪いことばかり思い出してしまうことは、
マイナスに捉えがちになりますが、決してそういうことはありません。




悪いことを考えているように見えて、
「自身が幸せになる方法」を精一杯考えているんです。




生物学的には防衛本能と呼ばれますが、
問題の解決を考えている姿が「不安や心配」という形に見えるのです。




そして、
それは「いかに自分を大切にできるか」という証でもあります。




鳥も、ライオンも、牛も、犬も、ペンギンも、
自分や仲間たち子どもたちを大切にします。




そうすると、
安心と幸せを受け取った子どもたちは、

また次の世代へとそれを伝えていきます。



こういった、
揺るぎない「安心と幸せ」を与えてくれるのが、
「愛情」なのかもしれませんね。



最後まで本記事をご覧いただき
ありがとうございました。(人ё)☆