【人生が好転する前ぶれ】幸せが訪れる3つのサイン。

いつもは家でゴロゴロしてるのに
いきなり掃除をするなんて…。

 

常に玄関はきれいにしておかなきゃね♪

 

も、もしかして、
これは何かの前ぶれかしら!?

 

日常生活をしていると、
たまに「いつもと違う雰囲気」を感じるときがあります。



これは、
私たちに「大きな変化を知らせるサイン」かもしれません。



昔からよく「虫の知らせ」と言いますが、
このような「前ぶれ」と思われるものは、
これから起こる「出来事」と関係があるようです。




そして、人生が大きく変動するときにも、
同じく「サイン」と思われることが起きます。



これは、
どうして、こんなことが..
といったような
出来事が多いようです。



今回は、
人生が大きく変わる「前ぶれ」の解説と共に、
より良い好転をさせるための「ヒント」をお伝えするべく、




幸せが訪れる3つのサインを紹介します。



本記事が「人生好転のサポート」になれば嬉しいです。
是非ともご覧ください。


人生が好転する「前兆」とは?


私たちの日常には、
験担(ゲンかつぎ)と呼ばれるものがあります。



身近なものでは


四つ葉のクローバーを見つける

3つ葉のクローバーは、
希望・愛情・信仰の意味があります。

4つめの葉は幸せの象徴と言われており、
見つけると幸せが訪れるとされています。


茶柱が立つ

古代からの縁起かつぎで、
「家の大黒柱(中心)が立つと繁栄する」
といった言い伝えによるものです。

最近はティーパックなど便利なものがあるので、
見る機会も少なくなりましたが(;^e^)


白いヘビを見る



弁財天さんの使いとして信仰が深く、
富や財宝の象徴と言われています。

夢を見たり出会ったりすると、
お金とのご縁に恵まれるとされています。


このような出来事は「縁起が良いもの」として、
私たちには親しみ深いものです。




そして、
このあとにもし、「幸せ」が訪れたとすれば、
それは「幸せの前ぶれ」ということになります。



同じく、人生が大きく好転する前にも、
このような「前ぶれ」が起こります。



これは、

  • 自分自身

  • まわりの環境

  • 人間関係


こういったところに現れます。




そして、これら前ぶれを経験した人たちは、
みんな「幸せな人生」に好転しています。




ちなみに、これには、
「ある共通点」が存在します。




それは、
ネガティブな出来事が多発する
というものです。



私は今まで、人生が好転する時には、
「それにちなんだ良いことが起きるはず!」と思っていました。



ですが、
いま思えば「大半がネガティブなこと」だったと感じています。




私が経験した出来事は..

  • 人間関係がまったく上手くいかない

  • 過労で救急搬送される

  • 自律神経の病にかかる


このようなことです。



いきなり超ネガティブで申し訳ありませんが、
まだ数えきれないほどあります。(;´e`)



そして、
この出来事の「意味」に気づいたと同時に、
「自分自身」「周りの環境」「人間関係」が、
みるみるうちに変わりました。



今は仕事・人間関係・健康・家族・収入や
自分のやりたいことにも恵まれ「まるで別人
」のようです。



これは「私だけの話なのかな?」と思い、
同じく人生が好転した人の書籍を読んでみると、
やはりこのような出来事が起きていたようです。

自分自身
物事がうまく回らなくなる。

体調不良に見舞われる。

仕事や好きなことに興味がなくなる。

災難に見舞われる。
周りの環境
人間関係がうまくいかなくなる。

大切な物を無くしたり、壊れたりする。

大切な人との疎遠、別れ。

つまり、
いま苦しくて辛い出来事が起きていたら、
それは「人生が好転する前ぶれ」になる可能性が大きいです。



そして、
この苦しい時期を「寒い冬」にたとえるなら、
必ず「春」を迎えるということになります。



なぜかと言いますと、
私たちの人生には、
季節が存在するためです。


人生は「春夏秋冬」


ここでは、人生が変わる瞬間を、
「季節の移り変わり」にたとえて説明いたします。



人生が好転するときは、
まず「春の知らせ」を受け取ります。



そして、それをきっかけに、
彩り豊かな季節へと変わっていきます。



もし、
今苦しい、ツライ出来事が起きているならば、
それは「冬のピーク」を通過しているためです。



どういうことなの?と言いますと、
私たちも四季と同じような「サイクル」があるためです。



四季とは、ご存知のとおり
「春・夏・秋・冬」のことです。



そして、これを大きく2つに分け、
プラスマイナスで表現したとします。



は気温が高いので → プラス


は気温が低いので → マイナス



これを、
暦の指標となる「二十四節気」に当てはめると、
下図のようになります。


冬(マイナス)のピークは「大雪~冬至」になり、
夏(プラス)のピークは「芒種~夏至」になることが分かります。



そして、
冬(マイナス)ネガティブな出来事
に置き換えてみると、どうでしょうか。



12月は、
年末を過ぎたころから本格的な寒さに突入し、
節分(大寒~立春)ではかなり厳しくなります。



しかし、
それを過ぎるとだんだん寒さも弱まり、
3月20日の春分あたりでは「春の訪れ」も感じるようになります。



これは、

冬の「マイナス」から

夏の「プラス」に変わる

季節の変わり目になるためです。



ちなみに、
日本が春を迎えるのは、

冬 ⇨春 ⇨夏 ⇨秋 ⇨冬 ⇨春…

当然のことではありますが、
こういった感じに「季節がめぐる」ためです。



そして、これと同じように、
私たちが住む世界のほとんどは、
プラスとマイナスが入れ替わります。



たとえば、
身近なもので言いますと、

  • 夏(+)と冬(ー)

  • 満月(+)と新月(ー)

  • 昼(+)と夜(ー)


こういったものがあります。



そして、
そのサイクルを大まかにグラフで表わすと、
下図のようになります。


これは、
天体が「一定の動き」をしているので、
このようなスムーズな曲線になります。



そして、
これは自然界や私たちの心とカラダにも、
同じようなことが起きています。



たとえば自然のことで言いますと、
海岸に打ち寄せる「波」や「そよ風」などがそうです。



ちなみに、
それらを波形グラフで表わすと、
このようになります。


タイミングや大きさも様々なので、
先ほどのスムーズ曲線とは違って不規則になります。




ですが、この波形を、

  • 大きな波(A)

  • 中くらいの波(B)

  • 小さな波(C)


このように、それぞれ分けて
みたとします。


そして、

Aの大きな山と谷

Bの中くらいの山と谷

Cの小さな山と谷

をそれぞれ一直線に繋げてみたとします。



そうすると、

先ほどのスムーズな曲線に近づいてきます。


つまり、
大きな波、小さな波もプラスマイナスがあって、
このような「一定のリズム」を刻んでいるのです。



これを「ゆらぎ」と言い、
天体や自然界、私たちの心身とも深い関係にあります。



ちなみに、
これは私たちで言うところの、

  • 思考

  • 感情

  • 体調(心情)


こういったものになります。



よく「バイオリズム」という言葉を聞きますが、
私たちにも「ゆらぎ」が存在しているのです。



そして、曲線を見て分かるように、
プラスとマイナスは「交互」にリズムを刻んでいます。



これは、
大きな波も、中くらいの波も、小さな波も
「同じように」揺らいでいますよね。



つまり、
いま「大きなマイナス」を通過しているとすれば、



次は大きなプラスに入れ替わることになります。


幸せが訪れる3つのサイン

出来事の中に「気づき」が存在する


四季のように「冬の厳しい寒さ」の中では、

  • 寒い、しんどい

  • 苦しい、つらい

  • 体調崩したらどうしよう?


このようなネガティブが多くなります。




ですが、その「厳しい寒さ」の中にも、
好転につながる「様々な気づき」があります。



たとえば、

  • 暖かい季節のありがたみを感じる

  • 寒さから身を守る方法が思いつく

  • 寒さを活用し、スケートなどを楽しむ


このように、
その中にあるメリットに気づくことができれば、
それは「人生の好転」を加速させます。

▽こちらも読んでみてね▽

嫌なことが続くのはなぜ?すぐに状況を好転させる3つの方法。

2021.01.16

私の場合で言いますと、
残業中に救急搬送されたときには、
入院先で「様々な気づき」がありました。




それは、

  • 健康の大切さ

  • 自分を支えてくれる人たちのこと

  • 普通に生活できるありがたさ


こういったことです。



日常ではごく当たり前だと思うことが、
「そうではない」ことに気づきました。



そして、このとき深く感じたのは、
「自分ひとりでは何もできない」ということ

自分が健康でいられたのも、
妻の健康管理のおかげ。


私を病院に運んでくれたのも、
深夜に働いてくれる人たちのおかげ。


着替えや本を持ってきてくれるのも、
家族やみんなのおかげ。

その他にも、

  • お米を作ってくれる人たちがいる

  • 便利なアプリを作ってくれる人たちがいる

  • 牛や鶏を育ててくれる人たちがいる

  • ゴミを管理してくれる人たちがいる

  • 真夜中に働いてくれる人たちがいる


このように、
「みんなのおかげで自分が生かされている」
ということを感じました。



私は、
今回の「ネガティブな出来事」があったから、

もっと自分のカラダを大事にしよう

もっと支えてくれる人たちに感謝しよう

もっと自分や周りの人たちのために勉強しよう


こういったことに気づき、「思い」を変え、
人生が変わる「きっかけ」になりました。



もし、この「気づき」がなかったら、
同じことを幾度となく繰り返していたと思います。



ですので、
ネガティブだと思う出来事にも、
自分を変えるような気づきが存在しま
す。



もし、
その中で「何かに気づく」ことが出来れば、
それは「好転のきっかけ」に繋がっていくと感じます。


自身を温めると「環境」が変わりはじめる


私たちは、自分の力だけで「まわりの環境」を
変えようとすることは、ほぼ不可能です。



これは、自分の力で「季節」を
変えようとするのと同じです。



ですが、
冬の季節は変えられなくても、

  • 自身を温かくする

  • 温かい場所へ行く

  • 温めるものを作る


このように「自分自身を変える」ことはできます。



そうすることで、
環境はより良いものへと変わりはじめます。



以前私は、「体調不良」「人間関係の問題」
「お金の問題」などが絶えることなく続いていました。



そして、
「その問題を解決すること」しか見えていませんでした。



しかし、問題を解決しようとするほど、
どんどん状況は悪化していったのです。



当時の私に、
退職届を出す勇気があれば良かったのですが、
家族のこともあってそういう訳にもいきません。



そして、
考えに考え抜いた結果、
問題解決するのをきっぱり止めました。



そして、自分のカラダを一番に考え、
深夜までやっていた残業や休日出勤をすべて止めました。



職場の冷たい視線の中でも、
さらに1週間に1回休みを取り、
家族や自分の時間も増やしていったのです。



人間関係や金銭面の問題も、
「今はこういう人生の時期なんだ」
と受けとめ、
無理に良くすることもしませんでした。



つまり、
自身の「正直な気持ち」を優先して、
思い切って「今までの自分」を変えてみたのです。



そうすると、
だんだん体調も良くなっていくと同時に、
自身の考え方、行動、振る舞いも変っていくのを感じました。



そして、
それから何日か経ったある日、

  • 会社が合併し、環境の良い部署へ配属

  • 月3回は休めるようになった

  • 賞与も貰えるようになった


こういった出来事が起こります。



その後、
前会社の休養中におこなっていた、

  • 本を読んで勉強したこと

  • 様々な場所での気づき

  • 在宅中に作ったオリジナル資料


こういった「温めていたもの」が、
次の新しい仕事で大いに発揮できました。



もし、
あのとき思い切って自分を変えていなかったら、
このような恩恵も受け取っていなかったと思います。




いちばん良いのは、自身から勇気をだして
「ネガティブ環境」から離れることだと思います。



ですが、
人生には「自分だけ離れる訳にはいかない出来事」もあると思います。



そのときは、

しっかりと「自分自身」を温めることに専念し、
やがて来る春の季節のために「準備」しておきましょう。



そうすることで、「自然の摂理」が、
良い
方向へと導いてくれるはずです。(^e^)


幸せが舞い込む「好機」が訪れる


私たちの心とカラダは、
「四季」と同じサイクルがあります。



これは、雨のち晴れ、昼と夜といった
「自然が織りなすサイクル」です。



たとえば、

  • お腹が空いたので、ご飯を食べる

  • 眠くなってきたので、寝る

  • 楽しいことをしたいから、する


これらも、自然が織りなすサイクルです。



「眠くなったら寝るって、当たり前じゃん」
と私は思います。



ですが、物事が順調に回るのは、
この「自然のサイクル」に従っていることが多いのです。



さっきとは反対に、

  • お腹が空いたけど、ご飯を食べない

  • 眠くなってきたけど、寝ない

  • 楽しいことをしたいけど、しない


このようなことを考えると、
どうでしょうか。



私は「すごく苦しい」です。(;´e`)



これは「自分の気持ち」に従っていない、
言わば「自然ではない」ことになります。



そして、
この自然サイクルをあえて止めているものが
思考です。



そのため、
思考が強すぎると「自分の気持ち」に従えず、
うまくいかないことが増えていくかもしれません。



ちなみに、人生が好転する前には
「好機」と呼ばれるものが舞い込んできます。



これは、先ほどの「自分の気持ち」にピッタリ
当てはまるような「幸運のチャンス」のことです。

▽こちらも読んでみてね▽

運命が変わり始める。幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと。

2020.10.29

特徴としては、

  • やってみたいこと

  • 叶ったら嬉しいこと

  • 幸せになる可能性があるもの


こういったことが、突然思いついたり、
人を通して自分のもとへやって来たりします。



ですが、
これらの多くは、


今までやったことがない

すごく勇気がいる

少し怖さを感じる


このような傾向があります。



すると、
不安感情が「マイナス思考」をはたらかせ、
チャンスを「逃してしまう」こともあります。



ですので、これらの好機が現れたときには、
一度「自分の気持ちを信じてキャッチしてみる」ことが重要です。



なぜなら、
私は何度か「チャンスを逃した経験」があり、
これこそ真冬が続く要因だったと後悔しているためです。(;^e^;)



そして、
その「自分の気持ちにピッタリなチャンス」を、
上手くキャッチし、そこに「幸せ」を感じたなら..



そこから人生の軌道が変わります。



そのあとは、
自然と季節が移り変わるように、
自身に春が訪れることと思います。(^e^)



エンディング(まとめ)


今回の内容をまとめますと、

出来事の中には気づきが存在する

  • 生が好転する気づきが隠されている

自身を温めると環境が変わり始める

  • 自分自身が温めてきたものが好転につながる

幸せが舞い込む好機が訪れる

  • 大きな好転のチャンスが舞い込んでくる

になります。


私たちは、
移り変わりのある世界で生きているので、
それと同じだけ色んな出来事が起きます。



吹雪の日もあれば、嵐の日もあって、
壊れたりすれば、失くしたりもします。



でも、これらの出来事はすべて、
「新しいもの」を受け止めるために起こるのです




大切なのは「いまの出来事」から学んだことを、
次の「新しいこと」へ活かすことかもしれません。




その学びは、
やがて来る「より良い季節」へ変えるための、
知識と経験として生まれ変わります。




そういった、
幸せになる「ヒント」を与えてくれるのが、
私たちに訪れるサインなのかもしれません。




本記事を最後までご覧いただき、
ありがとうございました。(人ё)☆