【平穏な日々を取り戻したい】悪い出来事を断ち切る3つのこと。

平穏な日々に戻りたい
最近、悪いことばかりが続くなぁ..。
良くなっていく気配も無いし..。

 

このままずっと悪いことが続いたらどうしよう..?
早くこの連鎖を断ち切りたい!

私も過去に、
このような「悪いことの連鎖」を経験したことが
ありました。



あまりにも出来事が頻発するので、
「もしかして悪霊でも憑りついているのでは?」と思っていました。




しかし、
今回お伝えする「メカニズム」に気づいたとき、
悪い出来事は徐々になくなり、負の「連鎖」も起こらなくなりました。




今になってようやく分かったことは、
心の奥で感じている「本音」が原因だったようです。




今回は、
その連鎖が起こるメカニズム解説を交えながら、
平穏な日々を取り戻す為の方法をお伝えするべく、




悪い出来事を断ち切る3つのこと。



を紹介します。

 

早く断ち切りたい!という方は、
下のコンテンツから
悪い出来事を断ち切る3つのこと
までジャンプしてくださいね。

 

本記事で安息な日々が訪れたら幸いです。
是非ともご覧ください。

悪い出来事が続く「メカニズム」とは?

最近、悪い事ばかりが続いてます。
いったい何が原因なのでしょうか?

今の「在り方」に注目する

在り方
もし、悪い出来事が続いているとすれば、
それは今の「在り方」が大きく影響しています。



在り方って何なの?と言いますと..

今の自分はどんな状態にあるのか
といった感じです。



私たちは、
必ず何かの「原因」があって「結果」に結びついています。



これを因果性と呼び、最初に因(原因)があるので、それにちなんだ果(結果)が現れてくるというものです。

因果性とは、2 つの出来事が原因と結果という関係で結びついていることや、あるいは結びついているかどうかを問題にした概念である。日本語では「因果関係」という表現も用いられる。

そして、
原因と結果のあいだには「プロセス」が存在し、
私たちで言うところの「行動」になります。



これを因果性に当てはめると、
原因が「在り方」となり、プロセスである「行動」を通して「どんな結果になるのか」が決まります。




原因:在り方 

プロセス:行動

結果:現実



たとえば、
学校の先生が「プンプン怒りながら授業」を行うと、
当然ながら「ネガティブな授業」という結果を招きます。

激おこ

ちなみに、
怒りの感情は原因である「在り方」に相当するので、

在り方が「怒っている」から

授業に怒りが反映されて

ネガティブな結果になる

こういった物語が生まれます。



一方、
笑顔で楽しそうな先生が授業を行ったけど、
「ネガティブで終わった」ということであれば、

在り方が「ポジティブ」なので

ポジティブな授業だったけど

在り方が「ネガティブ」に変化したので

ネガティブな授業になって

ネガティブな結果になる

先生の在り方が、
途中で「ネガティブ」に変化したのです。



このように、
在り方は「行動」に直接関係しているため、
どのような現実になるかも「在り方と行動で決まる」ことになります。



しかし、よくある事例としましては、
ポジティブでいるのに「悪い出来事が起きてしまう」といったことがあります。



これだと、
因果も何も関係がないように思いますが、
実はちゃんと因果に沿った出来事が起きているのです。



では、
いったい何が原因になってるの?と言いますと、



それは、
心で思っている「本当の気持ち」です。


「在り方」の正体とは?

雨と女性

ポジティブなことを考えていても、
なぜか悪い出来事が起きてしまいます。
在り方の正体とは何なのでしょうか?

結論から言いますと、
それは、心で思っている本音です。



そして、
これは「喜怒哀楽」の感情に深く結び付いています。



ざっくり言いますと、
良い気分であれば、喜・楽
悪い気分であれば、怒・哀になります。

喜と楽の感情

安心
楽しい
嬉しい
感動する
心地良い
美味しい
気持ちが良い など


怒と哀の感情

不安
恐怖
悲しい
怒り
心地悪い
不味い
気持ちが悪い など

つまり、
いまこの瞬間に感じていることが「本音」となり、
これが「在り方」となっているのです。



そのため、
仮に頭の中でポジティブなことを考えていても、
本音が「嫌だなぁ」と感じていた場合、
「嫌だなぁ」が映されたような物語へと進んでいきます。



昔から「カラダは正直」と言いますが、
まさに嘘がつけない「本音」が現実と直結しているのです。



ちなみに、ネガティブな出来事が
頻繁に起きているような錯覚に陥るものが存在します。




それが、
ネガティブ情報のインプットです。



私たちの心とカラダは危険を避けるために、
あえて「ネガティブを考える」ようになっています。



ですが、
反対に「ネガティブばかり考えている」と、
その「在り方」に慣れてしてしまいます。



その結果、
「ネガティブな現実ばかり見えてくる」ことに繋がります。




ちなみに、
こういったことを招く要因となるのが、


  • 過去の記憶にあるネガティブ

  • 周囲からのネガティブ情報

  • メディアからのネガティブ情報


このようなことです。


あえて「悪い事」を探している?

どんどん自分のまわりで、
悪いことが広がっていくように感じます。
悪いことはまわりに連鎖するのでしょうか?

先述のように、悪い気分のときに、
ネガティブ情報を受けるほど「不安や恐怖」が強まります。



そのため、
私たちは「それを排除する」ことを考えます。



しかし、
それを考えるほど「そればかり考えてしまう状態」になります。

▽こちらも読んでみてね▽

不安が頭から離れない

不安が頭から離れない時に効果を発揮する3つの対処法。

2019.12.26

すると、私たちの脳にある網様体賦活系が、
「考えている情報を集める」はたらきをします。



そのため、
目に見えるものや聞こえてくるものが、
不安や恐怖をほのめかすことのように感じてきます。



これを「確証バイアス」と言い、
強く印象付いたものが、どんどん頭に入ってくる現象です。

▽詳しくはこちらを読んでね▽

コンプレックスの悩み

コンプレックスを何とかしたい。悩む人に知って欲しい3つのこと。

2019.07.25

そうすると、
なぜか必然的に「悪い出来事」ばかりが見えやすくなるのです。



そして、
これにはもう一つ「特徴」があります。




それが、
感情がプラスされると強力になる
というものです。



この状態になると「その事だけ」しか見えなくなり、
他の情報はまったくと言っていいほど入ってきません。




なぜなら、不安や恐怖が強まると、
喜怒哀楽の「怒・哀」の感情が全面に出てきます。



怒り・憎しみ・嫉妬・恨みなど



悲哀・焦り・絶望・憂鬱など

このような感情が思考にプラスされると、
「悪いことしか見えない状態」になります。



これを「拡張-形成理論」と言い、



思考や感情が「ポジティブ」でいっぱいだと、
とことん「ポジティブ」になっていく。


反対に、
思考や感情が
「ネガティブ」
でいっぱいだと、

とことん「ネガティブ」になっていく。


こういった極度なバイアスが生まれるのです。



たとえば、すごく楽しいことに没頭して、
「あっという間の1日だった」ことがあれば、
時間を忘れるくらい「楽しいことに集中していた」ことになります。




思考:楽しい + 感情:楽しい



これは、
楽しい「思考」と「感情」に全てが集中し、
「楽しいことしか見えていない状態」になったからです。




言い換えると、
退屈でつまらない情報があっても、
まったく気づかない状態でもあります。




反対に、
「悪い出来事が頻発する」のであれば、
不安や恐怖、怒りや悲しみのエネルギーが全集中していることになります。




思考:不安と恐怖 + 感情:怒/哀



「思考」と「感情」がそこに集中し、
悪いことしか見えていない状態になります。



逆に、
「良いこと」にも気づかない状態にもなります。




このことから、ネガティブ感情を伴った行動が、
「悪いことの連鎖」を生み出し、悪い現実を作り出していると考察します。



ですが、
これは「自分の本音を大切にしてあげる」ことで、
悪いことを断ち切る改善へと繋がります。


悪い出来事を断ち切る3つのこと

心に「休息」を与える

休む
先述のように、
「ネガティブ感情」のまま行動すると、
悪いことが連鎖してしまう可能性は高くなります。




まずは一度、体制を整えるべく、

要因となる環境から離れる

心身ともに休める

自分の時間を作る

このことだけを考えましょう。



たとえば、
ショッピングをしたり、趣味を楽しんだり、
丸一日寝る、旅行や温泉などの「楽しい予定」を作りましょう。



家庭の事情で「なかなか休めない」という方も、
できるだけ休む時間をたくさん作るようにしましょう。




もし、学校や職場などに通われている方であれば、
私のように「仮病で休む」ことをオススメします。




これは、いったん要因となる環境を
「シャットアウト」することが目的です。



自身の「心」が外(周囲)に向いていると、
悪い連鎖は休むことなく続いてしまいます。




ですので、まずは心とカラダを休め、
外に向いていた心を、
自分の中にとり戻しましょう。



そうすることで、
現状は一気に好転すると思いますよ。(^e^)

▽こちらも読んでみてね▽

不安ばかり考えてしまう時に。憂鬱な気持ちを取り払う3つの対処法。

2021.04.19

嫌なことが続くのはなぜ?すぐに状況を好転させる3つの方法。

2021.01.16

受け取る「情報」を選ぶ


私たちは常日頃から、
TVやインターネットなどのネガティブ情報を、
「ついつい見てしまう」ことがあります。



この習慣で、
マイナス感情が知らず知らずのうちに蓄積されています。



では、どうすればいいの?
と言いますと、
方法はいたってシンプルに、



ネガティブ情報を見ないことです。



ここでの情報とは、

事件や事故のニュース

人の不祥事のニュース

不安を煽るメディア

こういったことです。



天気予報や地震情報、時事や世界情勢、
自身に関する情報は必要です。



しかし、自身に関係しないネガティブ情報は、
心とカラダに大きな影響が及ぶので「見ない方が無難」です。




でも、「ネガティブ情報を見ておくと、いざ何かのときに役立つかも知れないよ」と私は思いました。



私は7年前から、
あえて「ネガティブ情報を見ない」ようにした結果、
はっきり言って日常には「何の問題もない」ことが分かりました。



それどころか、
率先して見ていた時よりも、
確実に悪いことが激減している
ことを肌で感じています。



そして、
ネガティブ情報の代わりに、

  • 楽しいもの

  • 面白いもの

  • 感動するもの


こういったものを選んでみた結果、
「それにちなんだ良いことも増えた」ことも感じています。




私たちには、
「カリギュラ効果」という心理がはたらくため、
鶴の恩返しのように見てはいけないものを見てしまいます。



しかし、情報で溢れている今の世の中では、
それ相応の「ネガティブ」が存在します。



ですので、
「振り回されない心」を持つためにも、
受け取る情報を厳選しましょう。



2週間くらい続けると、
心もカラダも楽になり、悪いことも大幅に減っていきますよ。(^e^)

▽こちらも読んでみてね▽

心配性

悪い想像が頭を離れない時に。未来への心配を断ち切る3つの対処法。

2021.08.18
悪いことばかり思い出す

悪いことばかり思い出す時に。強い効果を発揮する3つの対処法。

2020.08.12

自分の「在り方」を大切にする


悪いことを断ち切る一番の方法は、
自身の「在り方を大切にする」ことです。



これは、
自分の心を大切にするということです。




私たちには、
幼い頃の記憶である「もう一人の自分」がいます。



そして、
いちばん自分の「心」に近い存在でもあります。



ですので、
今の自分が、幼い頃の自分を
安心させてあげてください。



なぜなら、
幼い自分
「唯一共感できる人物」は、
今の自身しか存在しないためです。



ですので、
幼い記憶である「もう一人の自分」に、

  • 失敗してもいい、完璧じゃなくていい

  • 頑張らなくていい、今のままでいい

  • いつもありがとう


こういった癒しや励ましの言葉を、
日々少しずつかけてあげてください。



そうすることで、
少しずつ「心の在り方」が変わると同時に、
笑顔の多くなる「現実」へと変わっていくことと思います。

▽さらに効果を高める方法はこちらです▽

守護の言葉

【守護の言葉】ホ・オポノポノが教えてくれた3つの大切なこと。

2019.12.08

エンディング(まとめ)


今回の内容をまとめますと、

1.心に休息を与える

  • 要因となる環境からいったん離れましょう。
  • まず心身を休めましょう。
  • 自分の時間を作りましょう。

2.受け取る情報を選択する

  • できるだけネガティブと距離を置きましょう。
  • 自身にとって良いことを受け取りましょう。

3.自身の心を大切にする

  • 自分自身に癒しや励ましの言葉をかけ、
    幼い頃の心を安心させましょう。

私も過去に、
「悪いことが続く」ことを多々体験しましたが、
やはり不安が前に出過ぎて「心ここにあらず」な状態が要因だったと思います。



今思うのは、
そういう時こそ一度冷静になって、
自分の心を見つめ直すことが重要だと感じています。




日常では色んな出来事があると思いますが、
そんな中でも「自身を大切にする」ことができれば、
それは確実に「在り方」になります。



そして、
それはやがて「大切にされる現実」となって、
自身のもとへ還ってくるでしょう。




本記事を最後までご覧いただき、
ありがとうございました。(人ё)☆