【マイナス思考を有効活用】自然とポジティブへ変える簡単な方法。

「何とかしなくちゃ..」と思ってはいるけれど、
なかなか直すことが出来ないのが「マイナス思考」です。




そして、
なぜか決まって頭に浮かんで来るのが、



どうせ叶わない

結局失敗する

いつも通りダメになるはず


こういった思いです。



それがイヤで、
頑張って「プラス思考」を試みても、
実施するほど「疲労感」でいっぱいになり、
結果的にもとのマイナス思考に戻ってしまいます。




こういったときは、
反対にネガティブを「味方につける」ことで
無理なく改善していけるかと思います。




今回は、
マイナス思考による悩みを改善する最善の方法をお伝えするべく、




自然とポジティブへ変える簡単な方法。



を紹介します。


「早くポジティブになりたい」という方は、
下のコンテンツから
自然とポジティブへ変える簡単な方法
まで飛んでくださいね。

本記事で「ポジティブ思考」に変わるサポートができれば嬉しいです。

どうして「マイナス思考」になるの?


マイナス思考になる要因のひとつに、
「固定型マインド」というものがあります。



これは、
これから起きる出来事などに対して、

  • 悪い結果になる

  • 何も変えられない

  • 何も成長しない


といった感じに捉えてしまう思考のことです。

▽詳しくはこちらを読んでみてね▽

【今すぐ解消したい】人間関係の悩みに終止符を打つ3つのこと。

2020.09.14

そうすると、


どうせ叶わない


結局失敗する

いつも通りダメになるはず


このような考えや口ぐせになってしまいます。



ちなみにこれは、
「2つで1セット」になっており、
フォーマットも決まっています。




どんなフォーマットかと言いますと、


やっぱり、「叶わなかった」

ほら、「失敗した」

いつものように「ダメになった」


思っていたことが、
「ズバリ的中」したときに使われる言葉です。




マイナス思考は悪い結果が前提になっているので、
「どうせ」「結局」などのネガティブ言葉がメインになっています。




そして、それが現実になると、
「やっぱり」「ほら」「いつものように」といった感じに「納得感」を作ってしまいます。




このような考え方や口ぐせは、
知らず知らずのうちに「習慣化」しており、
無意識な思い込みになってます。




ちなみに、
私たちの脳(無意識)は正直なので、



考え方や口ぐせ通りの証拠を真面目に探します。



すると、

どうせ叶わない

脳が叶わない証拠を集め出す

叶わない現実が見えてくる

叶わないから行動しなくなる

やっぱり叶わなかった

このように、
「どうせ」という考え方や口ぐせが発端となると、
「やっぱり」という現実を脳は作り出してしまいます。

▽こちらも読んでみてね▽

コンプレックスの悩み

コンプレックスを何とかしたい。悩む人に知って欲しい3つのこと。

2019.07.25

世界の名言集にも、このようなものがあります。

考えは言葉となり、
言葉は行動となり、
行動は習慣となり、
習慣は人格となり、
人格は運命となる。

引用:マーガレット・サッチャーさん

ですので、
もし、マイナス思考を改善していくとすれば、

普段の考え方や口ぐせを「ポジティブに変えていく」必要があります。



そして、
それを毎日の「習慣化」にすることができれば、
すぐにでも改善することができます。



しかし、
凝り固まった考え方や口ぐせというものは、
そう簡単に「変えられるもの」ではありません。



ですが、
今回お伝えする方法をうまく活用できれば、
マイナスぐせを簡単にポジティブにすることができます。



それが、
ラストキーワードの置き換えです。


自然とポジティブへ変える簡単な方法

ポジティブ

マイナス思考を「解禁」する

最初にお伝えする方法は、
「あえてマイナス思考を解禁する」ことです。



私たちは、
マイナス思考を「考えないようにする」ほど、
なぜか繰り返し頭の中に浮かんできます。



これは、マイナス思考を
考えてはいけないと禁止しているためです。



ですので、
マイナス思考になってきたら、

マイナスを考えても全然OK!
と、あえて考えてみてください。



そうすると..
なぜか脳がマイナス思考を止めます。




どういうことなの?と言いますと、
私たちには「禁止されたこと」をやってしまう「カリギュラ効果」という心理がはたらくためです。

▽こちらも読んでみてね▽

心配性

悪い想像が頭を離れない時に。未来への心配を断ち切る3つの対処法。

2021.08.18

つまり、


マイナス思考を禁止すると

反対にやってしまう



という事象が起きます。



昔話にある「鶴の恩返し」もそうですが、
「絶対見てはダメ!」などの禁止が大きいほど、
人は「気になってしまうものなの」です。(;^e^)



ですので、
ここでは「見てもいいよ」
といった感じに、
禁止を「
解禁」させているのです。



ちなみに、マイナス思考は、
私たちの身の安全を確保する大切な役目を果たしています。

▽こちらも読んでみてね▽

悪いことばかり思い出す

悪いことばかり思い出す時に。強い効果を発揮する3つの対処法。

2020.08.12

そのため、
考えてしまうのは悪いことでも何でもなく、
わざわざ禁止する必要もないのですね。



マイナス思考が浮かんできたら、
これは「脳が様々な角度から安全を検証してくれているんだな」と思ってみてください。



そうすることで、
マイナス思考の見方もだんだん変わっていきますよ(^e^)


マイナス思考を「置き換える」


次にお伝えするのは、
マイナス思考を「置き換える方法」です。



これは、
冒頭の解説にあった、


どうせ叶わない


結局失敗する

いつも通りダメになるはず


こういった考えや口ぐせの、
フォーマットを「置き換え」ます。



その方法が、



どうせ叶う


結局成功する


いつも通り幸せになるはず


になります。



習慣化した考え方や口ぐせを味方に付けて、
「キーワード」だけを置き換えます。



一見すると、
ネガティブな感じに見えますが、
ちゃんと「ポジティブな要素」を捉えています。




そして、
脳は「最後のキーワードを記憶する特徴」があります。




これを「新近効果」といい、
映画やドラマなどの「結末」が印象深くなるのと同じです。

映画鑑賞

つまり、
内容の
「最後」のほうが映画やドラマの「イメージ」になるのです。



同じく、
最初のインパクトが強いものを「初頭効果」といい、これも強い印象として残ります。

 

▽こちらも読んでみてね▽

【コミュニケーションが苦手】すぐに改善できる3つの簡単な方法。

2020.02.02

ですので、


初頭効果に「いつものキーワード」

新近効果に「ポジティブキーワード」


このように置き換えることで、
マイナスな考え方や口ぐせを無理なくポジティブ化します。



そうすると、
私たちの脳はいつものように、
その証拠を探すようになります。



この方法が習慣化できれば、
見えてくる「現実」も大幅に変化してきます。

▽こちらも読んでみてね▽

運命が変わり始める。幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと。

2020.10.29

そして今後、
どんな小さなことでも良いので、
自身のまわりで素敵な出来事が起きたときは、

やっぱり、叶った

ほら結局、成功した

いつものように幸せになった


こういった感じに「幸せ」を感じてみましょう。



そうすることで、
マイナス思考に対して感じていた思いは、
だんだん和らいでいくことと思います。


エンディング(まとめ)

ポジティブ
最後にもう一つだけお伝えしたいことがあります。



それが、
マイナス思考でもいいよということです。



私たちは、
マイナス思考は「ダメなことだ」と言われてきました。




けれど、
いま私が思うことは「マイナス思考があったおかげで良い人生になった」ということです。




皆さんが優しいのも、いたわりの心があるのも、
感動できることも、そういった「マイナス」を経験したことにあります。



過去にマイナスな出来事があったから、
それだけの喜びや良いこと、大切なことを感じることができるのだと思います。




もし今後「マイナス思考」が浮かんだときは、
人である以上、考えてもいいよとご自身に言ってあげてくださいね。



そうすると、
いままで根を張っていたマイナス思考は役目を終え、
プラス思考の礎へと生まれ変わっていくことでしょう。




本記事を最後までご覧いただき、
ありがとうございました。(人ё)☆