【コミュニケーションが苦手】すぐに改善できる3つの簡単な方法。

学校や職場などで、
「人とのコミュニケーションを大切にしましょう」
という言葉を聞きますが、いざ実行するとなると、


不安や緊張でいっぱいになる

何を話せばいいか分からなくなる

失敗や嫌われる不安が頭をよぎる


このような思いになります。



そして、
結局「何も話せないまま」終わってしまうこともあります。



本来ならば、
良いコミュニケーションを願ってはいるのですが、
「うまくやらなければならない!」という思いが逆に緊張感を高めてしまいます。



実は、この「良くしなければ!」という考えが、
うまくいかない「原因」になっています。



ですが、これはあえて「何もしない」方が、
良いコミュニケーションを作り出すことができます。



今回は、
その「うまくいく方法」の解説を交えながら、
コミュニケーションが苦手な人にも「簡単に親交を深める方法」をお伝えするべく、



すぐに改善できる3つの簡単な方法。



を紹介します。



本記事で「良いコミュニケーション」が実現できれば幸いです。

すぐに改善できる3つの簡単な方法

1.「第一印象」を大切にする

最初にお伝えする方法は、
まず「第一印象」に気を使うものです。




これは、
自身の「外側のイメージ」を良くするということです。



どういうことなの?と言いますと、
私たちは、相手の話す「内容」よりも、
印象の強いものが心に残るためです。



つまり、
見た目や雰囲気などの「印象深いもの」が、
話す人の「イメージ」になるということです。



たとえば、
本邦初公開の「映画やアニメ」を見たとします。



そして、
何日か過ぎた後にストーリーを思い返してみると、
最初から最後まで「すべて思い出す」ことはできません。



頭に浮かんでくるのは、

  • アクションなどの刺激の強いシーン

  • 感動などで心が揺らいだシーン

  • 自分にとって興味があるシーン


こういった「印象深いもの」です。



これ以外の細かい話や、
インパクトがあまりないシーンなどは、
思い出そうとしてもハッキリ出てきません。



つまり、印象深い強いシーンが、
その映画やアニメの「イメージ」になるのです。

印象

これと同じく、コミュニケーションをする際も、
「印象深いもの」が、その人のイメージ(評価)として残ります。



つまり、結果はどうあれ、
印象深いもの = イメージ
として記憶に定着するのです。



そして、とくに初対面のときに、
大きな印象となるのが「第一印象」になります。



私たちは、初めて会う人のイメージを、
ほとんど「見た目」で決めています。



これを、メラビアンの法則と言い、
人の印象は「見た目がほとんど」というものです。

▽こちらも読んでみてね▽

【今すぐ自分を変えたい】最速で叶えるシンプルな方法。

2020.07.03

ですので、
コミュニケーションを行う際には、

  • ヘアスタイル

  • 身だしなみ

  • 体調


こういった「外側に見える部分」を、
しっかりと整えておきましょう。



まずは、このことを「意識」するだけでも、
周りに「良い印象」を与えることができます。



そして、このとき「笑顔」を作ることができれば、
さらに良いコミュニケーションの滑り出しになります。

▽こちらも読んでみてね▽

【安心が自然と作られる】笑顔の効果がもたらす3つのこと。

2020.10.05

※このとき、
「なんか話さなきゃ!」と考えがちですが、
最初は「挨拶」くらいにしておきましょう。



なぜなら、
「話さなければならない!」という
不安やあせりの気持ちがあると、それが無意識に「表情」になって現れてくるためです。


そうすると、
相手や周りにも「不安や緊張」が伝わってしまい、
円滑なコミュニケーションではなくなってしまいます。



ちなみに、
これを気分一致効果と言います。

気分一致効果とは、気分の良いときは物事の良い面が見えやすくなる。逆に気分の悪いときは物事の悪い面が見えやすくなる。といった心理です。

自分では良かれと思って話そうとしても、
不安や緊張が表情と雰囲気を通して伝わるのです。



まずは身なりをしっかり整え、
挨拶だけでも良いので「コミュニケーション枠」に入ることだけを意識しましょう。


2.相手から「テーマ」をもらう


次におこなうのは、
「相手からテーマをもらう」というものです。



これは、
相手に質問するというものです。



先ほどお伝えしたとおり、
まずは「良い第一印象」でコミュニケーションを始めましょう。



そして、次にすることと言えば、
もちろん「会話」になります。



しかし、コミュニケーションが苦手だと、
相手と「話しをするだけ」でもむずかしいと思います。



そして、
さらに自分から「話題」を切り出そうとすると、
不安や緊張から、うまくいかない場合があります。



これは、

  • 何か話さなければならない!

  • 場の雰囲気を崩してはならない!

  • 自己主張しなければならない!


こういった感じに、
「しなければならない!」と考えているためです。

▽こちらも読んでみてね▽

何もできない自分を変えたい。自分本来の才能を呼び戻す3つの方法。

2020.08.31

そうすると、それで頭がいっぱいになり、
思考が停止したり、言葉に詰まったりします。



このような場合は、
自分から無理に話そうとするのではなく、
まずは相手の話しを「十分に聞く」ことに専念しましょう。




このとき、相手は、
「話しを聞いてくれる人に好感を持つ」ということが起こります。



これは、心理カウンセリングなどで使われる
「傾聴」と呼ばれるもので、

  • 相手の不安を解放させる

  • 相手の会話を円滑にさせる

  • 相手との信頼関係を高める


こういった「お互いの関係性」を深めるものです。



そうすることで、
相手は「あなたの言葉を受け入れる体勢」が作られます。



このタイミングで、
相手へ「質問」をしていきましょう。



質問内容も、
「夢は何ですか?」といった大きなものでなく、
「何かペット飼ってますか?」などの雑談が最適です。



そうすることで、
相手はあなたに「親しみ」を持ち、
コミュニケーションの場も和やかになります。



このやりとりが「話のテーマ」になるので、
あなたは「質問」するだけで会話が成立することになります。



もし、「話しが止まらない人」がいる場合は、
話しのすきまを狙って「どんどん質問」していきましょう。



しかし、そんなことしたら、
相手に「嫌がられるのでは?」と思いますが、それは大丈夫です。



なぜなら、その人は、
内容よりも「喋ることが目的」なので、
質問に答えることに対しても「喋る喜び」を得ます。



そのため、ある一定時間、
会話の「キャッチボール」が続くと思われます。



反対を言えば、
今後のコミュニケーションにおける、
会話のトレーニングになります。(;^e^)



※場合によっては、
相手が「何も話さない」ということもあると思います。



これは、
相手も「話しが苦手である」可能性が高いので、
「何を話していいか分からない状態」にあります。



ですが、これはある意味、
「関係を深めるチャンス」になります。



なぜなら、
相手も「コミュニケーション苦手」なので、
それが
「テーマ」になるためです。



つまり、

  • 話すことが苦手な理由について

  • そのときの心境について

  • 無理な会話ってしなくていいと思う


こういった自身が感じていることを、
少しずつ相手と「共感」していくのです。



そうすると、相手にも「共感性」が生まれ、
場の雰囲気も緩むことと思います。(^e^)


3.自分の「大切なこと」だけ伝える

夕日
最後は、
自身の「大切なことだけ」を伝えるものです。



これは、
事前に「自分の主張したいこと」をまとめておき、
コミュニケーションの最後に伝えるというものです。



そして、
この主張をすることだけ
に力を注いでください。



それ以外は、
先ほどのように「傾聴」「質問」を繰り返すだけでOKです。



どうしてなの?と言いますと、
最初の解説にもありましたが、
人は「印象深いもの」がイメージとして残ります。

▽こちらも読んでみてね▽

心配性

悪い想像が頭を離れない時に。未来への心配を断ち切る3つの対処法。

2021.08.18

先ほどの第一印象のことを「初頭効果」と言い、
印象が良ければ、その後も続くというものです。



そして、これと同じく、
最後の印象が記憶に残るものを「新近効果」と言います。



つまり、
コミュニケーションが苦手な人には、
最初と最後の「印象」のみに着目するだけで良いということです。



そして、自分の主張をするときは、
まず「結論」から伝えてくださいね。(;^e^)



これは、会話の「全体像」を明確にして、
内容を「きっちり」とまわりに理解してもらうためです。



ちなみに、
話しの苦手な人が結論を「後回し」にしてしまうと、
内容が「サスペンス」のような仕上がりになります。



ですので、
最初に「自分が伝えたい結論」を言い、
そこから「理由」を説明するようにしましょう。



私たちは、内容から「結果」を知るよりも、
最初に「結果を知りたい」という思いの方が強いのです。



ここまでをまとめますと、
最初は「良い第一印象」で会話を始め、
最後に「自分の主張」をしっかりと伝える。



そうすることで、相手やまわりは、


あなたの「良い印象を継続」させながら、

あなたの「大切な思い」を深く受け取ります。


そして、しばらく時間が空いたとしても、
この「良い印象」は相手に残っています。



そのため、

再びコミュニケーションの機会があるときは、
相手はあなたの「良い印象」を持ったまま行うことができます。



ですので、

今回お伝えした「方法」をうまく活用して、
ご自身の「親交」を楽しく深めていってくださいね。(^e^)


エンディング(まとめ)


今回の内容をまとめますと、

1.第一印象を大切にする

  • 相手や周りは「第一印象」が心に残る。
  • 自身の「外側のイメージ」を整えておきましょう。

2.相手からテーマをもらう

  • 自分からは話さず相手の話を聞きましょう。
  • 簡単な質問をしていきましょう。

3.自分の大切なことを最後に伝える

  • 事前に「自分の主張」をまとめておきましょう。
  • 最後の方で「自身の思い」を伝えましょう。

以上となります。


人って本当はコミュニケーション苦手なのが普通なんです。



私たちは、育ってきた環境、家族とのふれあい方も人それぞれ違います。



そのため、コミュニケーションをたくさん体験してきた人ほど「得意」になります。



その反面、会話の経験が少ない環境で育ってきた人は「苦手」になってしまいます。



ですが、必ずしも得意な人に合わせて「コミュニケーション上手」になる必要はありません。



話すことが得意な人もいれば、ものをクリエイトする「技術」が得意な人もいます。




まずは自身の得意分野をしっかりと磨き上げ、自信を積み上げていくことに力を注いでいきましょう。



そうすることで、同じ分野を持つ人たちと繋がりが生まれ、そこから自然と良いコミュニケーションが生まれることと思います。



本記事を最後までご覧いただき
ありがとうございました。(人ё)☆