【今すぐ自分を変えたい】最速で叶えるシンプルな方法。

はぁ・・。
どうして僕はいつも失敗ばかりするんだろう..。

 

このままではダメだ!
今すぐ自分を変えなきゃ!
といっても、すぐに変われないよなぁ..。

 

そうですよね・・。
自分を「変えたい!」と思っても、
すぐに変われることではありませんよね。

 

え!?
あなたは!?

 

私はあなた宛てに派遣されてきた神です。

自分を変えるには時間と労力がかかり、
たいへん勇気のいることかもしれません。

 

ですが、
これは「あること」を変えるだけで、


自分の 考え方

自分の しぐさ

自分の 話し方


こういったご自身の「内面」を、
時間や労力を使うことなく
すぐに変えることが出来ます。


ええ!?本当ですか!?
それはどうやるんですか?!

 

詳しくは、下にあるコンテンツから
最速で叶えるシンプルな方法
までジャンプしてみると分かりますよ。

 

本記事がお役に立てれば幸いです。
是非ともご覧ください。

 

自分を「変える」には?


自分を変える最速の方法は、
自分の「イメージ」を変えると可能になります。



どういうことなの?と言いますと、
私たちの「イメージ」は、

  • 見た目

  • 表情

  • しぐさ

  • 話し方

  • 言葉


によって作られているためです。



そして、これらの「立ちふるまい」は、
すべて「頭で思い浮かべたイメージ」がもとになっています。




ちなみに、
このイメージを大きく分けると、


目(視覚)で見たもの


頭(思考)で考えたもの


があります。



私たちが普段見ている、

  • 人、動物、植物

  • 物、自然、気象

  • 出来事、現象、映像


こういったものは、
目で見ても、頭に思い浮かべても
どちらも「イメージ」になります。



そして、
これとは別に「自分のみ」に特化したものを、

セルフイメージと言います。



私たちが「自分のイメージ」をするときは、

「これがもと」になっています。



たとえば、教師の人のセルフイメージは、
学校にいるとき
「教師」になります。



そうすると、

  • 教師の考え方

  • 教師の表情

  • 教師のしぐさ

  • 教師の話し方

  • 教師の言葉


になります。



そして、その人が家に帰り、
夫婦でやっている「社交ダンサー」に変わると、


  • 社交ダンサーの考え方

  • 社交ダンサーの表情

  • 社交ダンサーのしぐさ

  • 社交ダンサーの話し方

  • 社交ダンサーの言葉



に変わります。



つまり、

セルフイメージが変わると


自分の立ち振る舞いも変わり


いまの自分のイメージも変わる

ということです。



しかし..



私も過去にセルフイメージを、
「成功してる人」に変えてみましたが、
実際のところ「何も変わらなかった」です。(;´e`)



「どうして?」と思い、長年の研究をした結果、
それだけでは「変わらない」ことが分かりました。



それはなぜかと言いますと、
今の自分(現実)を変えるには、
最低でも2つの条件を満たす必要があります。



それが、


1.イメージが鮮明である


2.それが本当である


ことです。


脳は「本当のこと」を現実にする?


先ほどの「教師の人」で言うと、


1.イメージが鮮明であること

2.それが本当であること


この両方を満たしているので、
イメージが現実になるのです。



1.教師&社交ダンサーのイメージが鮮明

実際に経験しているので、
イメージがハッキリしている


2.教師&社交ダンサーが本当である

本当にしている



つまり、イメージが「ハッキリ」してて、
それが「本当」だと「現実」になるのです。



どういうことなの?と言いますと、
私たちの脳は「リアリティ」を感じると、
それが「現実に起きている」と錯覚するためです。

たとえば
梅干しやレモンを見ると
酸っぱくなって唾液が出る。


アクション映画やホラー映画を見ると
心臓がドキドキしたり、手に汗がにじむ。


高いところから飛び降りた夢を見ると
カラダが「ビクッ」となる。

このように、
実際に体験していなくても
カラダは反応します。



これは、
脳が「本当のことだ!」と信じてしまうためです。




つまり、

  • 視覚

  • 聴覚

  • 味覚

  • 嗅覚

  • 触覚


こういった
「5感」にリアリティがあると、
脳は「信じやすい状態」になるのです。

5感がリアリティだと

脳が本当だと信じ

現実に反映する

そして、
もう一つ信じやすいものがあります。




それが、
たくさん経験してきたことです。



たとえば、
梅干しを思い浮かべて唾液が出るのは、
過去に「食べた経験があるから」です。

▽こちらも読んでみてね▽

悪いことばかり思い出す

悪いことばかり思い出す時に。強い効果を発揮する3つの対処法。

2020.08.12

脳はイメージを「過去の経験」と結び付け、
こういった反応を引き起こすのです。

経験がリアリティだと

脳が本当だと信じ

現実に反映する

ちなみに、私がセルフイメージを
「成功してる人」に変えてみたけど、
何も変わらなかったとされる理由は、



1.イメージが鮮明である

成功経験の少ない自分のイメージよりも、
失敗経験の多い自分のイメージがハッキリしている


2.イメージが本当である

失敗経験の多い自分のイメージの方が事実



このように、成功してる人のイメージよりも、
失敗経験が多いイメージが鮮明になってます。



しかも、本当に体験したことだったので、
そちら側を脳が信じてしまったようです。(;´e`)



そのため、
脳が「失敗経験が多いイメージ」ばかりを信じ、
失敗ばかりの現実を作り出していたのですね。



ここまでを一旦まとめますと、

5感のイメージが鮮明

本当のこと



脳が信じる


現実になる
経験してきたことが鮮明

本当のこと


脳が信じる


現実になる

になります。



このことから、
「5感」と「経験」に現実味を持たせ、
脳に「本当のこと」だと信じこませれば、
すぐに自分を変えていくことが可能になります。

▽こちらも読んでみてね▽

【今すぐ解消したい】人間関係の悩みに終止符を打つ3つのこと。

2020.09.14

最速で叶えるシンプルな方法


まず最初にお伝えする方法は、



外のイメージを変えることです。



これは、
自分の「見た目・表情・しぐさ・話し方を変える」ということになります。



なぜなら、私たちのイメージのほとんどは、
「外側のイメージ」で決まるためです。




55% = 見た目・表情・しぐさ

38% = 話し方

 7% = 言葉

この割合は、
アルバート・メラビアンの実験データによるもので、
「人の印象は見た目や話し方が9割」といったことを表したものです。

つまり、見た目・表情・しぐさ・話し方が、
私たちの「イメージ」になるのです。



このことから、
もし、いま自分が憧れている人、
好きなアーティスト、理想的な人がいましたら、


  • 見た目

  • 表情

  • しぐさ

  • 話し方



などを「まねして」みましょう。



先ほどの説明にもありましたが、
脳はリアリティを「本当のこと」と認識し、
それを「現実」にしようとします。



このように、
視覚や聴覚といった「5感」を変えることで、
イメージがより鮮明になります。



そうすると、脳は「本当のこと」だと錯覚し、
それと同じような現実をつくりはじめる訳です。



ちなみに、
表情・しぐさ・話し方をまねるのが「むずかしい」という方は「見た目のイメージ」を変えるだけでもOKです。



どうしてなの?言いますと、
見た目が変われば、表情・しぐさ・話し方は「それに合わせて変わる」ためです。




私は昔「交通整理員」をしたことがありますが、
ユニフォームを着ただけで自分が変わっていくことに気づきました。

交通整理員

私が交通整理をしていると、
まわりからは..


  • あの人は交通整理員なのね

  • あの人は交通の整理をしてるんだね

  • あの人は警備員なんだろうね


このような「現実味」が、
ひしひしと伝わってきます。




このとき私の脳は、
「交通整理員になってる..」と信じるので、

  • 交通整理員の表情

  • 交通整理員のしぐさ

  • 交通整理員の話し方

  • 交通整理員の言葉


こういった感じに「それを忠実に演じよう」とします。



これは交通整理員をたとえにしていますが、
実際には、

  • ミュージカル俳優

  • ハリウッドスター

  • 役者


こういった人たちも、同じことが言えます。

俳優

つまり、
自分が「その役」になりきることで、
脳が表情・しぐさ・話し方を「演じにいく」のです。



プロの役者さんなどは、
完全に「その役になりきる」ことができるので、
臨場感のある話し方や感情が伝わってくるのですね。




このことから、
まずは「見た目を変えてみる」ことが、
自分を変える早くてシンプルな方法になります。


小さな「事実」を探す


外側のイメージを変えることが出来たら、
次は「内側のイメージ」を変えます。



その方法は、
小さな事実を集めていくことです。



これは、
理想的な自分に変わってきた「事実」を、
どんどん見つけていくというものです。

▽こちらも読んでみてね▽

運命が変わり始める。幸運が舞い込む「空間」を作り出す3つのこと。

2020.10.29

私たちは、
どうしても「今、理想的になっていない自分」
見てしまいがちになります。



これは、
良しも悪しも「今の事実」のほうに、
現実味があるためです。



ですが、
脳は1つのことしか見れない特徴があります。



たとえば、

休日は何しよう?

今日の献立は何にしよう?

こういった2つのイメージを、
「同時に考えること」が出来ません。



もし、
両方をイメージするときは、

休日は何しよう?
⇩(一時停止)


今日の献立は何にしよう?
⇩(一時停止)

休日は何しよう?

こんな感じに、「ひとつのこと」を
交互にイメージしているのです。



つまり、
「理想的になってない自分」を見ているときも、
同じように「ひとつのこと」しか考えていません。



そして、
脳はそちらの「事実である方」
イメージが向く特徴があります。



ですので、外側のイメージを変えたときに、
「私、なんか変わったなぁ」と感じたら、



自分が変わってきた事実のほうを、
見るようにしてみてください。



さらに「事実を記録する」と、
より現実味が増し、脳も信じやすくなります。



方法は、

  • スマートフォンのメモ帳に入力する

  • 手帳などに記載する


ご自身の「書き込みやすい方法」でOKです。



ポイントは、どんなに小さな事実でも良いので、
「たくさん集める」ことです。



なぜなら、小さくとも「事実」なので、
あからさまな偽りに一喜一憂することがありません。



この「事実」が、よりたくさん集まってくると、
脳は「その事実の多さ」に圧倒され、



信じざるを得ない状態になります。



そうすると、その事実どおりの「現実」が
作られていきますよ。(^e^)

▽こちらも読んでみてね▽

何もできない自分を変えたい。自分本来の才能を呼び戻す3つの方法。

2020.08.31

エンディング(まとめ)


今回のお話をまとめますと、

理想的な人をものまねする

  • 憧れている人になってみましょう

見た目を変えても効果がある

  • 脳が「その役」を演じる

変わってきた事実を集める

  • 小さな「事実」をたくさん集めましょう

以上となります。


私たちが生きていく中では、
自分を変えないといけないような出来事がたくさんあります。




でも、それは自分や家族、まわりへの幸せを、
「叶えてあげたい思い」があったからです。




それを叶えるべく、
今の自分を変えようと決意したとき、
いろんな不安や抵抗もあったと思います。




なので、変わろうと頑張った自分に、
一度「無理に変わらなくてもいいよ」と言ってあげてください。




本来は何もできない、
何も変われないのが私たち「人」なんです。




そんな中でも、
家族やまわりを笑顔にすることができた過去のご自身がいたなら、
それは「自分を変えることができた証」となるでしょう。



本記事を最後までご覧いただき
ありがとうございました。(^e^)☆