悪い想像が頭を離れない時に。未来への心配を断ち切る3つの対処法。

心配性

このように、不安や心配になると、
いろんな「未来のイメージ」が浮かんできます。




そして、どちらかと言えば良いことよりも、
「悪い結末」のほうが頭を駆けめぐります。



その都度、自分に「大丈夫!」と言い聞かせても、
やっぱり現実になったらどうしよう?と、落ち着かなくなります。



現在、こういった「心配性」に悩む人の割合が、

日に日に急増しているのが実情として見受けられます。



これは、私たちのまわりに存在する「ある情報」が、
気づかないうちに「蓄積」しており、自覚症状がないため仮面鬱(かめんうつ)といったことに発展しているケースが多いです。



しかし、
これは「あるシンプルな行動」を起こすことで、
状況を改善し、今後の予防へと繋げることが出来ます。



今回は、
心配性の要因
と対策の詳しい解説とともに、
安心な未来を確保する「重要なこと」をお伝えするべく、



未来への心配を断ち切る3つの対処法。



を紹介します。

 

今すぐ断ち切りたい!という方は、
下のコンテンツから、
未来への心配を断ち切る3つの対処法
までジャンプしてくださいね。

 

本記事がお役立できれば嬉しいです。
是非ともご覧ください。

なぜ「悪い想像」をしてしまうの?

不安と恐怖の男性
私たちが不安や心配を感じると、
なぜか「悪い未来」を想像してしまいます。




そして、
こういったイメージばかりが続くと、

  • こんなことを考えてはダメだ!

  • 私が心配性すぎるからだ..

  • 僕がこんな性格だからだ..


このように思ってしまいますが、
決してそういうことはありません。




なぜなら、
これは自分自身の「未来」と真剣に向き合っている「証」だからです。



たとえば、
このような出来事があったとします。

今日は子どもの帰りが遅いわ・・

 

今回も採用されなかった・・

 

最近ずっと体調不良が続く・・

 

そうすると人は、
必ず「ある未来の姿」をイメージします。




それが、

もしかして、
事故にでもあったのかしら!?

 

このまま、
就職できなかったらどうしよう??

 

もしかしたら、
大きな病気かもしれない!?

 

こういった「最悪の事態」です。



このあと、
他にも色んな事をあれこれ考えますが、

これは「脳があえて見せている」のです。



どうしてこんなことするの?と言いますと、
助かる方法を事前に導き出すためです。



これは、
私たちの「生存本能」が起こすもので、


事前に「予測」を立てて、

そこから「解決法」を導き出す


こういったことをしているのです。



交通安全に例えるなら、
こういった事故を、どうやったら防げるのか?
ということをシミュレーションしているのです。

▽こちらも読んでみてね▽

不安が頭から離れない

不安が頭から離れない時に効果を発揮する3つの対処法。

2019.12.26

たとえば、私の家が停電になって、
家中が「真っ暗」になったとします。(;´e`)



私は急いで電気をもとに戻すため、
ブレーカーのある玄関まで行こうとします。



このとき、

  • 壁にぶつかるかもしれない

  • 危ないものを踏むかもしれない

  • 階段を踏みはずしたらどうしよう?


このようなことを思い浮かべます。



これが、先ほどの「危険予測」ですが、
はたから見れば「悪い未来ばかり」ですね。



そして、このときに起こる「不安」によって、
思考やカラダの動きが「さらに慎重」になります。



同時に私の生存本能は、
脳の中でいちばん賢い「前頭前野」という場所に、
どうやったら防げるのか?というテーマを投げます。

前頭前野

そうすると、
前頭前野はその「テーマ」を解析し、

壁にぶつかるのを防ぐには?
手で探りながら
ゆっくり進みましょう
危ないものを踏むのを防ぐには?
なるべく足を上げずに
小刻みに進みましょう
階段から落ちるのを防ぐには?
しゃがみながら
一段ずつ慎重に降りましょう

こういった「対処法」を導き出します。



そのあとは、
私が脳の指示どおりに「行動」を起こせば、
想像していた悪い出来事を防げるようになります。



このように、
私たちは常に「危険から身を守るため」に、
あえて「悪いイメージ」をするようになってるのですね。



しかし..

私は、
人一倍悪いイメージをしてしまいます。

とにかく、
何をするにも心配で仕方ありません。
いったいどうすれば良いのでしょうか?

こういったこともあります。



たしかに、
人によっては「凄くシビア」に考えたり、
悪いイメージがたくさん浮かんでくる場合もあります。




ですが、私たちが思い浮かべるイメージは、
どんなことでも「もとになる情報」がなければ作られません。



つまり、
色んなイメージが浮かんでくるということは、

それだけ「情報がたくさんある」ということです。



では、
その「もとになる情報」とは何
なの?と言いますと、



それは、

私たちの「過去の印象」です。


たくさんの「印象」が心配にさせる?

印象
私たちは不安や心配が強まると、
必ず「悪い想像」をする脳の仕組みになってます。



これは、
交通安全ムービーで見る「危険予測」と同じで、
事故の対策をシミュレーションするためです。



そして、このときに考えるイメージは、
私たちが過去に感じた「印象」から作られます。



たとえば、
こちらの男性と今から対面するとします。

男性

しかし、
何やらむずかしい表情をしているので、

あまり良い「印象」とは思えませんね。



なので、

  • 機嫌が悪いのでは?

  • 厳しい人なのかなぁ?

  • 怒られたらどうしよう?


こういった「様々なイメージ」が作られます。



ですが、
会って理由を聞いてみると、

男性2

緊張してお腹が痛かったようです。
そして、「彼の印象」も変わりましたよね。




このように、
私たちは
印象」から、
様々な「イメージ」を作り出します。




これと同じように、

  • 悪い想像ばかりしてしまう

  • 過剰なくらい心配してしまう

  • マイナス中心で考えることが多い


こういった場合は、
良くない「印象」をたくさん覚えているということです。

▽こちらも参考にしてみてね▽

【安心が自然と作られる】笑顔の効果がもたらす3つのこと。

2020.10.05

そして、これらの印象は、
自分の「気づかないうち」に覚えてしまうことが多いです。



つまり、
日頃から積もり積もった印象が、


最悪な事態のイメージを増やして

未来への不安や心配を大きくさせる


このようなことを起こしているのです。



では、
どうやって対処すればいいの?と言いますと、
やはり、そういった印象を「インプットしないこと」にあります。


私たちが受ける印象には、

  • 心地「良く」感じるもの

  • 心地「悪く」感じるもの


大きく分けると、この2つがあります。



そして、
日常を過ごしていると、

  • 強いインパクトを受ける

  • 毎日おこなっている習慣がある

  • 好奇心や興味を惹かれる


このようなことがあると思いますが、
これが「印象」となって残ります。



身近なもので言いますと、
TVやスマホを見る、人の話しに耳を傾ける、
気になる文章や映像を見たり聞いたりすることです。




もし、こういったことに、
楽しさや安心などの「心地良さ」を感じられたら、
それは
「良い印象」として残ります。



※ちなみに良い印象は、
こういった想像をするときに使われます。

これとは反対に、
身近なものには不安や怒り、悲しみのような、
「良くない印象」を感じてしまうものがあります。



そうすると、
私たちは「その印象」が気になってしまい、
気づかないうちに想起(そうき)してしまいます。

※想起とは
保持している情報を適切なタイミングと場所で「思い出す」過程のこと。

このときに、
その「良くない印象」を強く覚えてしまう
のです。



いまの私たちの世の中は、
つねに多大な情報で溢れているので、
こういったことも必然的に多くなると思います。




そのため、
知らず知らずのうちに積もった「印象」が、
不安や心配を大きくさせている可能性があります。



そして、今後も情報化が加速していく現代では、
こういった問題も多くなっていくように感じます。



ですが、
次にお伝えすることを実施できれば、
より早い対処と、今後の予防をすることができると思います。



それが、

  • 自分に許可を与える

  • 情報を置き換える

  • 解決への一歩を踏み出す


になります。


未来への心配を断ち切る3つの対処法

1.悪い想像を「許可」しましょう

OK
最初にお伝えするのは、
「悪い想像してもOKですよ」というものです。



どういうことなの?と言いますと、
悪いイメージを「禁止」してしまうと、
反対にずっと不安や心配が続いてしまうためです。



私たちは通常、

「悪いイメージ」=
「ネガティブ」

として捉えます。




そのため、こういったマイナス思考や暗い想像は、
「考えてはいけない!」
自分に言い聞かせて止めようとします。



ですが、
私たちは考えてはいけない!と思えば思うほど、
「そればかり考えてしまうもの」なのです。



これは鶴の恩返しと同じで、
人は「見てはダメ!」という禁止されたことが、
すごく気になってしまうためです。

鶴の恩返し

反対に、
鶴が「全然見てもOK♪」と言ってたら、
そこまで気にならない、もしくは見ないと思います。



ですので、

もし悪いイメージが浮かんだときは、
想像してもOK!と頭の中で思ってください。



そして、
思い浮かんでくる悪いイメージは
本能が起こす
「危険予測」なので、

  • 僕が臆病な人間だから..

  • 私が心配性すぎるから..

  • 自分の性格に問題があるから..


こういった、
自分だけこんな悪いことばかり考えるんだ!
ということも全く関係ありません。




冒頭にあったように、
最悪な事態のイメージが多いほど、
自身の未来と真剣に向き合ってる証拠です。



あらゆる危険を想定し、
様々な角度から「対処法」を検証しようとしている姿なのです。




ここで一番大切なのは、
ネガティブや不安になる自分を「責め続けないこと」にあります。




もし、イメージが思い浮かんだら、
考えてもいい、心配になってもいいことを、
自分自身へ伝えてあげてくださいね。



そうすることで、
今まで過剰に感じていた不安や心配も、
少しずつ自身から離れていくことと思います。(^e^)

▽こちらも読んでみてね▽

コンプレックスの悩み

コンプレックスを何とかしたい。悩む人に知って欲しい3つのこと。

2019.07.25

2.受け取る情報を「管理」する

管理
次にお伝えするのは、
受け取る情報の「管理方法」です。



説明にもありましたが、
私たちは日頃から様々な「情報」を受け取っています。



その中には、
心地良く感じるもの、悪く感じてしまうもの、
ハッキリと分かるもの、自身では気づかないものがあります。



そして、
とくに悪い想像を大きくさせているものが、
気づかずにインプットされた「良くない印象」です。



これは、

  • TVなどのメディア

  • インターネット

  • 口コミやうわさ話


こういった情報から流入する「ネガティブ」に該当します。




ですので、
まずはできる範囲からで良いので、

必要な情報だけ見るようにしましょう。



方法は至ってシンプルに、

  • 心地良いものに厳選する

  • 不要なネガティブと距離を置く


こういった線引きをおこなうだけです。

さらに詳しい内容は、
こちらの「すぐにできる対処法3選」を見てね。

悪いことばかり思い出す

悪いことばかり思い出す時に。強い効果を発揮する3つの対処法。

2020.08.12

そして、
もうひとつお伝えすべき「重要なこと」があります。



それは、無意識に入った情報が、
自身の思考と
行動を「操ってしまう」というものです。



たとえば、
このようなアメフト審判の方々が、
審議している写真があったとします。

審判

突然ですが、
このときパッと思いつく動物は何ですか?






私は「シマウマ」が思いつきましたが(;^e^)

皆さんはどうでしたか。



このように、最初に受け取った情報が
その後の思考や行動に影響するものを
「プライミング効果」といいます。

シマウマ
他にも
桃太郎を10回言ってといわれ、
桃太郎を10回言う。

質問です。川から流れてくるのは?

「桃」と答えてしまう。

正解は「水」でしたというオチ。
スーパーに買い物に行ったとき、
近所から「カレー」の香りがしていた。

その日の夕飯が「カレーライス」になっていた。

そして、
これと全く同じ効果をもたらすものが、
私たちの「毎日」の中に潜んでいます。



それが、
朝の情報です。



朝はとくに、
TVやスマホを見る機会が多くなると思いますが、
このときの「情報」が1日の感情や行動に影響してきます。



つまり、
起きてから会社や学校に行くまでの間に、

  • ネガティブニュースを見る

  • 心地よくない画像や動画や文字を見る

  • 人のネガティブ会話に耳を傾ける


こういった情報を見たり聞いたりすると、
気づかないうちに「思考や行動」を操作されている場合があります。



このことから、
朝はできるかぎり自身が暗い気持ちになったり、
なんか嫌だなぁ..と感じるものは見ないようにしましょう。



そして、
そういったネガティブ情報の代わりに、

  • 楽しい話題に触れる

  • 心地良い画像・音楽・文章を選ぶ

  • イヤホンで好きな音楽や情報を聴く


こういった

良い気分になるものに置き換えてみましょう。



私もかれこれ6年ほど続けていますが、
とくにネガティブ情報を見なくても、
日常には何の問題もありませんでした。



それどころか、
不安や心配、悪い想像や嫌な出来事が、
以前と比べて激減していることを肌で感じています。



ですので、
まずは一週間くらい続けてみて、
その効果を実感してみてくださいね。(^e^)

▽こちらも読んでみてね▽

平穏な日々に戻りたい

【平穏な日々を取り戻したい】悪い出来事を断ち切る3つのこと。

2020.02.23

3.解決への「一歩」を踏み出す

行動
最後にお伝えするのは、
解決に向けて「一歩を踏み出すこと」です。



そうすることで、
未来への不安を「手放していく」ことができます。



具体的な内容を言いますと、
感じている不安や心配をすべて明らかにして、
小さなものから「解決していく」というものです。



今回の説明にあった「悪い想像」は、
脳内にある扁桃体海馬という場所が大きく関係しています。

扁桃体

海馬という器官は「記憶」を司っており、
日頃からの「良くない印象」が眠っています。



そして、
不安や心配が起きると海馬から印象が引き出され、
近くにある扁桃体を刺激します。

扁桃体と海馬3

そうすると、

  • アドレナリン

  • ノルアドレナリン

  • コルチゾール


扁桃体は、
こういった「不安や心配にさせる物質」を分泌します。



このときに、
悪い想像と不安が行ったり来たりして、
心配で落ち着かなくなるのです。



しかし、
前頭前野が作り出した
対処法にしたがって、
解決へ向けて行動しはじめると、

  • エンドルフィン

  • ドーパミン

  • セロトニン


こういった「安心を与える物質」が、
脳の神経回路から徐々に分泌されます。



そうすると、
興奮している扁桃体に作用し、

不安や心配の気鬱感を抑制します。



つまり、



解決に向けて行動し始めると、

だんだん不安や心配が消えていく


こういったことが起こります。



ですので、
いま、不安や心配に感じていることを、
ひとつずつ解決していきましょう。



方法は、
最初に心の内に秘めている悩みを、

ノートもしくは紙にすべて書き出します。



そして、その中から
今の自分なら「解決できそうな悩み」を見つけて、
それを少しずつ「解決」していきましょう。

▽こちらも読んでみてね▽

【今すぐ安心感を得たい】早急に悩みを解消する対処法3選。

2021.03.06

※ここで大切なのは、
解決するための「情報を集める」ことにあります。



心配への恐怖が大きくなるのは、
経験が無い、どうなるか分からないといった、
解決にまつわる「情報がないこと」にあります。




ですので、
一人で悩まず、まわりとの相談や協力も得ながら

まずは解決する情報を集める行動を起こしましょう。



もし、
その行動が幾つも積み重ねることができたら、
解決への「大きな手掛かり」が見えてきます。



そして、
その手掛かりまで辿り着くことができれば、
未来は確実に良い方へと変わっていくことと思います。


エンディング(まとめ)

ending
今回の内容は、

1.悪い想像を許可する

  • 悪い想像しても心配してもOK!
  • 生存本能なので気にしなくてOK!

2.受け取る情報を管理する

  • 必要な情報だけ見るようにしましょう。
  • 朝は良い気分で過ごしましょう。

3.解決への一歩を踏み出す

  • 小さな心配事から解決していきましょう。

以上となります。


私たちが過ごす日常の中では、
様々な印象で溢れています。



そして、受け取った印象からは、
色んな想像が作り出されます。



それは、
良い予感をもたらすときもあれば、
悪いはずだと決めてしまうときもあります。



でも、
そう思っていたことも「本質」が分かれば、
良い印象へと一変することもあります。



それと同時に、
今まで何だったんだろうというくらい、
悩んでいた妄想も一瞬で消えてしまいます。



ですので、少しずつできることから、
行動を起こして本質を確かめにいきましょう。



そうすることで、
その都度感じた良い印象は、心の中に募っていきます。



そして、
私たちの心はその「印象」をたくさん使って、

素敵な未来をたくさんシミュレーションしてくれると思います。



本記事を最後までご覧いただき
ありがとうございました。(^e^)☆