【なぜ私だけがこんな目に..】新しい自分に変えたい時に知って欲しい3つのこと。

なんで私だけこんな目に

私以外の人たちは幸せそう..

頑張っても、いつも私が嫌な思いをする..

どうして自分だけ、こんな思いをするの?



「どうして私だけが..」という思いは、
味わった本人しか分からない悩みですよね。



このように感じてしまうのは、
私たちの記憶の奥にある「内なる子供」が関係しています。




これは「インナーチャイルド」とも呼ばれ、
心理学の交流分析やカウンセリングなどに使われています。




内なる子供は、
私たちの「今」を演じていると共に、
話し方、しぐさ、クセ、考え方などの原型でもあります。




「なぜ自分ばかり」といった現実があるとすれば、
それは内なる子供が「不安と恐怖」を抱えています。



たとえば、


・いつも自分だけが苦しい思いをする。

・良いご縁に恵まれない。

・コミュニケーションが怖くてできない。

・幸せになりたくてもなれない。

・不安や自責の念が続く。


このような出来事が起きるのも、
内なる子供が怯えているためです。




これは世間一般的に、
「悪いこと」のように捉えられがちですが、
「全然悪いことでも何でもないですよ」ということが言えます。




なぜなら、これは両親(育てた人)の言葉を、
「今でもしっかり守り通している」
からなのです。




今回は、内なる子供の詳しい解説とともに、
「なぜ私だけが..」という思いを手放す方法をお伝えするべく、



新しい自分に変えたい時に
知って欲しい3つのこと。



を紹介します。



本記事で「新たな自分」を見つけることができたら幸いです。

内なる子供の「特徴」とは?

内なる子供
内なる子供とは、
私たちの記憶の奥に存在する「幼い頃の自分」のことです。




私の場合を例に挙げますと、
無念なことがあると夕日にたそがれたり、考えている時にツメを噛んだり、弁当にミートボールが入っていてテンション上がるなど、「いい大人が、子供みたいなこと..」が特徴です。(;^e^)




これは、
皆さんが持っている「個性」と呼ばれるもので、
楽しい感情が高ぶったり、不安が大きくなると現れてきます。




当然のことながら、
楽しいこと、嬉しいこと、美味しいもの、心地良いことが大好きです。



そのため、
これらの為ならどれだけでも興味を持ち、追求・研究します。




その反面、
痛いこと、苦しいこと、悲しいこと、不愉快なことが大嫌いで、少しでもこれらを感じると怒ったり、すねたり、落ち込んだり、泣いたりします。




しかし、社会に出てから、
このような子供じみた事はできないので、



理性で感情を抑えながら我慢しています。




私たちの個性は、生まれ持った「性格」をもとに、
環境・地域・時代・関わる物事・人の影響力によって作られていきます。



そして、
出生から~10歳くらいまでの間に、

  • しぐさ

  • 習慣(クセ)

  • 考え方

  • 話し方

  • 価値観


こういったものが確立していきます。



そのため、

幼少期に「大きな影響を受けたこと」が、
内なる子供の「モデル」になっています。



ちなみに、
その中でも「
いちばん影響を受けた人物」というのが..



両親(育てた人)です。


「認めてもらう」ために頑張る

両親
幼い頃は、両親(育てた人)が、
安心と安全を感じられる「心の拠り所」です。




なぜなら、
体力や知識も大人に比べたら少ないので、
自分の解決能力を超えてしまうような事は、
力のある人(親)に頼るしか方法がないためです。




ですので、
自分を認めてもらうことが必須になります。



これを「承認欲求」と言い、
親から「褒められること」を求めます。



つまり、親が「喜んでいる姿」を見て、
自分に「安心・安全」ができたことを確認したいのです。




しかし、
褒められようと頑張ったのに、

怒られる、叱られる

無視される、粗末にされる

叩かれる、怒鳴られる

心の拠り所である両親(育てた人)に、
こんなことをされたらどうでしょうか。



小さな心とカラダでは、
大人以上の「不安と恐怖」が襲います。




その結果、
内なる子供は
安心・安全をとり戻すために、
「親に認められる」ことを一生懸命やります。




そうすると、

安心・安全を確保するには、

親に認めてもらう必要がある

なので、今以上に頑張る
不安・恐怖を解消するには、

安心・安全を確保する必要がある

親に認められなければならない

認めてもらえるまで頑張り続ける

このようなフォーマットができます。



そのため、両親(育てた人)はもちろんのこと、
自分より立場が上の存在(先生、上司、兄、姉、目上の人、尊敬する人など)に認めてもらえるように頑張ってしまうクセが付いています




これが「頑張らなきゃいけない」というような、
不安やあせりを掻き立てる原因になっています。



ですので、
今でも「認められたい!」と頑張るときに、
幼い頃に感じていた「不安」が大きく出てくるのです。

▽こちらも読んでみてね▽

何もできない自分を変えたい。自分本来の才能を呼び戻す3つの方法。

2020.08.31

心の「奥」では泣いている

悲しい女の子
認めてもらうために頑張ったけれど、
失敗したり、怒られたり、指摘されたり、責められた時などに
自分の無価値を感じます。

  • どうして自分は出来ないんだろう?

  • どうして自分は人より劣っているの?

  • なんて自分はダメな人間なの?


これは、「親の期待に答えられなかった」という、
自分を責める思いが「無価値観」となって現れてくるのです。




そして、
今でもこのような場面になると、

やり場のない怒りと悲しみを
強く感じてしまいます。

これは、一つは自分に対して、
もう一つは両親(育てた人)に対して感じています。

自分に感じている
頑張ったけど、出来なかった

力が及ばず、出来なかった

親を喜ばすことが、出来なかった
両親(育てた人)に感じている
やりたくないのに、やって出来なかった

怒られたくないのに、やって怒られた

出来ないのに、やって出来なかった

このように、
心の奥で感じている「怒りと悲しみ」が、
問題となるような出来事を引き起こしてしまうのです。

▽悲しいことがあったときに▽

悲しいことがあった時に。気持ちを落ち着かせる為の3つのこと。

2020.11.17

とくに、
両親(育てた人)に感じている怒りと悲しみが、
自分を「強く責めてしまう」傾向にあります。




なぜなら、

  • 本当は嫌だった

  • けど、出来ている子もいる

  • なぜ、自分は出来ないのか?


こういった双方の気持ちが、
自分の中で「葛藤を起こしているため」です。



その結果、
心の「怒りや悲しみ」が消えることなく、
何度も同じような悩みを繰り返してしまうのです。



ここまで「内なる子供」の説明をしましたが、

やはり両親(育てた人)の大きな影響力が見受けられます。



そして、
私たちは認められるために頑張るのですが、
そこに生じる「不安と恐怖」が怒りや悲しみを生む主な要因となっています。



ですが、
これは自身が「自分にクリアリング」することで、
解決へと導くことができます。



それが、
内なる子供を癒やしてあげることで
す。


知って欲しい「3つ」のこと

最愛

両親のいちばん「大切」なもの

幼い頃の私たちの心の拠り所となっていたのが、
両親(育てた人)です。




しかし、その親に「怒られる」「叱られる」「粗末にされる」「無視される」ようなことをたくさん経験すると「自分は役に立たない」「自分は要らない子」と、幼いながらに思わざるを得ない気持ちになります。




ここで最初に知って頂きたいのは、
人が怒ったり、叱かったりするのは、



不安や恐怖を強く感じたときです。




ご説明いたしますと、
人は基本的に2つの動機で行動を起こします。




1つが「快を得るため」で、
もう一つが「苦痛を回避するため」です。



そして、そのエネルギー(動力)になるのが、
怒・哀と呼ばれる感情です。


喜怒哀楽でいう喜・楽は、
安心と安全にまつわるポジティブ感情です。

私たちは、
この感情を味わうために行動を起こします。


喜怒哀楽でいう怒・哀は、
不安や恐怖にまつわるネガティブ感情です。

私たちが強い恐怖などを感じると、
真っ先に起きるのが怒りや悲しみです。

そして、この感情の「力」を使って、
苦痛を取り払おうとします。


▽不安のしくみはこちらを見てね▽

不安ばかり考えてしまう時に。憂鬱な気持ちを取り払う3つの対処法。

2021.04.19
不安が頭から離れない

不安が頭から離れない時に効果を発揮する3つの対処法。

2019.12.26

もし、
ご自身が幼いときに

  • たくさん親に叱られた

  • たくさん親に嫌なこと言われた

  • とても親が厳しかった

こういったことがあったとすれば、
両親(育てた人)は「たくさん不安と恐怖を抱えていた」ことになります。




では、
何の不安と恐怖を抱えていたの?
と言いますと、



あなたに認めてもらえない恐怖です。



ですが、私はこんなに
親に責められたのだから、
「親は私に何を認めてもらうの?」親は絶対「私が邪魔、迷惑」「要らない子」と思っていたに違いない。




そう思われても仕方がないと思います。



でも..



両親が最も愛する人は
間違いなくあなたです。




なぜならば、両親(育てた人)にも、
インナーチャイルド「内なる子供」が存在します。



幼いときの私たちは、
親に認めてもらうために
一生懸命、頑張ってきました。



親も全く同じです。
「私たちに認めてもらう」
ために一生懸命頑張ります。



私たちが幼かった頃は、
認めてもらえないとき、不安で苦しいときに、
両親(育てた人)に怒りや悲しみをぶつけました。




これは、自分の良いところ、悪いところ、怒るところ、悲しむところ、喜ぶところ、楽しんでいるところを知り、すべてを受け入れてくれる存在であったからですね。



そして、
その存在こそが「心の拠り所」、
自身の「最も愛するもの」です。



これは、
幼い私たちに「最愛」という思いがあった証です。




同じく両親(育てた人)も内なる子供が存在し、
不安と恐怖を感じると「心の拠り所」に怒りや悲しみをあらわします。




これも自分のすべてを知り、
受け入れてくれる最愛の存在が「我が子である」という隠しきれない思いです。




ですので、両親(育てた人)にとって、
私たちは大切な「心の拠り所」なのです。


認められなくても「大丈夫」

OK
両親(育てた人)も私たちと同じように、
「認めてもらうこと」を考えながら社会と付き合ってきました。




これは、
人が持つ「承認欲求」から来るものなので、
すべての人に言えることです。




たしかに、認めてもらうことは、
自信や安心を感じられる唯一の確認方法です。



しかし、自身の心に従わない「承認欲求」は、
頑張れば頑張るほど、認められないほど苦しくなります。




ですので、
まわりに承認されることを「優先」するのではなく、
まずは自分が楽しくて興味のあることを見つけ、そこに力を注ぎましょう。




ノーベル賞を獲った人も、オリンピック選手も、サッカー選手も、アーティストも、自分が楽しくて興味のあることを「優先」したので、結果的に認められ、賞賛されることに繋がりました。




ですので、
幼い頃の「興味があった楽しいこと」を思い出し、
出来そうであれば久々にやってみてくださいね。



その楽しいことが今後続けられそうなら、
それを周りに発信(アウトプット)してみたり、
関係するコミュニティーに参加してみてください。




あなたが「認められよう」としなくても、
その良さに気づいてくれた素敵な人たちから、
必ず賞賛されるようになります。(^e^)


幼かった自分を「受容」してあげましょう

もう一人の自分
「なぜ自分ばかり..」という悩みの奥にあるのが、
自身に対する「無価値観」の思いです。



これは、
冒頭のまえがきにあった、

・いつも自分だけが苦しい思いをする。

・良いご縁に恵まれない。

・コミュニケーションが怖くてできない。

・幸せになりたくてもなれない。

・不安や自責の念が続く。


こういった、
受け入れがたい「現実」を招いてしまいます。




これは、
内なる子供が今でも「こう思っている」ので、
このような事が何度も繰り返し起きてきます。




ですので、
成長したあなたから「幼かった自分」へ向けて、
感謝のエールを送ってあげてください。



その気持ちが、幼いご自身に届くことで、
内なる子供の気持ちを「変える」ことができます。



今回のテーマで一番大切なことは、
ありのままの自分を「受容すること」にあります。



そうすることで、
今ご自身が見ている「現実」を、
より良い方向へと変えていくことができます。



受容する方法は、
こちらの記事が参考になると思います。
ぜひともご覧ください。(^e^)

守護の言葉

【守護の言葉】ホ・オポノポノが教えてくれた3つの大切なこと。

2019.12.08

エンディング(まとめ)

帰る場所
内なる子供は、
みんなが持っている純粋な記憶です。



そして、
そこには必ず「帰る場所」というものが存在します。




ここは、私たちが泣いたり笑ったり、
怒ったり悲しんだ場面を知っている場所。
すべてを受け入れてくれた「心の拠り所」です。




それが、たとえ両親でなくても、
血がつながっていなくても、施設にいた仲間でも、
壊れたぬいぐるみでも、あなたを受け入れてくれる「帰る場所」になります。




日々に疲れて、
一人悩み込んでしまうこともあると思いますが、
そのときは一度この心の拠り所へ帰ってみてください。



必ずみんな優しく迎え入れてくれて、
あなたを守ってくれます。




そして今後もずっと、
ご自身の「帰る場所」を大切にしてくださいね。