悩み事が多くて疲れてしまった時に。心を軽やかにする3つのこと。

会社で仕事をすればするほど悩みが増える。

ご近所付き合いをすればするほど悩みが増える。

何回言っても夫と子供が言うことを聞いてくれない。



いっそのこと、
今の悩みがすべて消えてしまえばラクになるのに..
と思いますが、なかなかそういう訳にもいかないのが現実です。



悩みが多くなる原因のひとつに、
頭の中をループする「雑念」が関係しています。




これは、
脳の「エネルギー」をたくさん消費するため、
心とカラダに多大な「影響」をもたらし、疲れとなって現れてきます。




ですが、
これは「いつも見ている視点を変える」ことで、
たくさんの悩みを少なくすることが可能になります。




今回は、
悩みごとが多くなる要因の解説とともに、
一刻も早く改善できる方法をお伝えするべく、



心を軽やかにする3つのこと



を紹介します。

早く心を軽くしたい方は、下のコンテンツから「心を軽やかにする3つのこと」へジャンプしてくださいね。

本記事が悩み改善のサポートになれば幸いです。

どうして「悩み」が多くなるの?


悩みが多くなってしまう要因には、
悩みやすい考え方が関係しています。



これは、

  • 責任感の強い人

  • 完璧主義な人

  • NOとは言えない優しい人


に多く見られます。

ですが、
たとえそうであったとしても、
中には「あまり悩まない人」もたくさんいます。



この違いは、
自身の「過去と未来」を見てしまうことに
要因があるようです。



たとえば、同じ会社に勤める
Lさん」と「Rさん」がいたとします。

  
Lさん         Rさん



ある日、2人は上司から取材と撮影を頼まれ、
標高500Mにあるテラスに行くことになりました。


Rさんは1日目(初日)で、
Lさんは2日目(次の日)に行くことになりました。



これからお見せするのが、
日にち違いの「2人の様子」です。




登山口に到着した2人は、
最初に「山頂までの道のり5000m」という立札を目の当たりにしました。

立札

すると、
Rさんは、

Rさん
山頂まで5キロあるのね。
まずは最初の休憩ポイントまで行きましょう。

と思いました。



そして、
Lさんは、

Lさん
山頂まで5000mもあるなんて..。
無事に到着できるんだろうか..。

と思いました。



しばらくして、
最初の休憩ポイントに到着した2人は..


Rさん
緑や景色が素敵なところね。
今日は天気が良いからきれいな写真が撮れるかもね。
Lさん
今日中に撮影しないといけないからな..。
先を急がなければ..。



このように感じました。



そして、
山道の途中も、

Rさん
色んな花や鳥の声が聞けて、なかなか楽しいわね。
Lさん
今まで山登りなんてしたことないからなぁ。
無事に山頂まで行けるんだろうか..。

このように、
それぞれの思いを「感じながら」登っていきました。

山の風景

展望ポイントに着くと、
立札には「山頂まであと3500m」と書いてありました。


Lさん
まだ3500mもあるのか..。
この先が思いやられるよ..。
Rさん
まだ朝の10時なので大丈夫。
このペースなら昼には山頂に着きそうだよ♪


このあともRさんは「次の休憩ポイントでお菓子タイム」「次の展望ポイントで風景を撮る」という感じに「節目」をつけながら登っていきました。




そして、12:30ごろに山頂テラスに到着し、
取材と写真を撮ることができ、無事に帰宅しました。

Rさん
依頼された仕事もできたし、山登りも楽しかった♪
また今度プライベートで行こう。



一方Lさんは、「自信ないから引き返すか?」「けど上司に怒られたくないから行くべきか?」などの不安や心配が足止めをしていました。




そして、あれこれ悩んで山頂に到着しましたが、
すでにテラスは16:00で閉店していました。

Lさん
やっぱ自分は山登りに向いていない..。


ここまでLさんRさんを例に解説しましたが、
これは、



悩みやすい人考え方と


悩みにくい人の考え方



の違いを表したものです。




私は「Lさんはもともとネガティブな人なんじゃないの?」と思いました。



ですが、
これはRさんでも十分あり得ることなのです。




では、いったい何がこの「違い」
生み出しているのかと言いますと、




そのとき、
何を考え、何を感じているのか




で変わります。



どういうことなの?と言いますと、
悩みやすいLさん

まだ3500mもある..

山登りしたことない..

上司に怒られたくない..

このようなことを考えていました。



そして、

  • 山頂までの果てしない道のり

    未来への不安

  • 山登りに自信が無い

    過去からの不安

  • 上司に怒られる

    未来への不安


こういった過去や未来の不安を
中心に見ていたことになります。



Lさんは、最初に「山登りをしたことない」
という過去の自分を見て不安になりました。



そうすると、

  • 山頂まで行けなかったらどうしよう?

  • 撮影取材できなかったらどうしよう?

  • 上司に怒られたらどうしよう?


このように、
その不安は「未来」へと飛び火します。



つまり、
Lさんは過去や未来の不安を、
今に引っ張ってきたから
登山が苦しくなってしまったのです。




一方、
Rさんも同じ不安があったと思いますが、
あまり悩むことなく登山することができました




これは、
過去や未来を見るよりも「もっと大切なこと」を見ていたからです。



心を軽やかにする3つのこと

1.「カラダ」に心を向けましょう

悩みが多くなるのは、
そのことで「頭がいっぱい」になっているためです。



言い換えますと、
思考に「雑念」が集中しているので、
不安や心配が大きくなっているのです。



ですので、
悩みが頭から離れないときは..



カラダに意識を向けてみる



ことをやってみましょう。



そうすることで、
雑念が大きくなるのを抑えます。



すぐにできる方法としては、

スポーツなどでカラダを動かす

家の掃除や整理整頓をおこなう

音楽を聴きながらウォーキングする

こういったことが効果的です。



そして、
さらに「雑念」を抑える方法がありますので、
こちらも参考にしてくださいね。

2.「今」に心を向けましょう


ここからは、
日常生活における「悩みの抑え方」をお伝えします。



先ほどの解説にもありましたが、
Rさん「悩みにくい人」に該当します。

最初の「山頂まで5000m」を見たとき、
さすがにRさんでも不安はあったと思いますが、
その後このようなことを言っていました。

緑や景色がきれい

花や鳥のさえずりが聞けて楽しい

天気が良いので綺麗な写真が撮れそう

これは、
そのとき感じた「心地良さ」を言葉にしていたのです。




つまり、
いまに意識を向けていた
ので、あまり悩まなかったのです。



私たちの心は、
今感じていることを「そのまま現実」として見せます。



そのため、
過去や未来のことに心を向けていても、
それは「今感じていること」に反映されます。



Lさんのように、
過去や未来の「不安」に意識を向けていると、
脳は「不快」の感情を持ちはじめます。



これを「1次感情」と言い、
怒りや悲しみなどの「2次感情が起こるきっかけ」になります。



つまり、

【1次感情】
不快を得ると..


【2次感情】
不安、恐怖、怒り、恨み、悲しみ、絶望
などの感情が起こる。

こういったことになります。



そして、
この感情が大きくなると、

  • アドレナリン

  • ノルアドレナリン

  • コルチゾール


このような「ストレス物質」でいっぱいになり、
心とカラダに大きな影響をもたらします。



一方
Rさんは、未来や過去はさておき、
「いまの心地よさ」に意識を向けていました。



そうすると、
脳は「快」の状態となり、

  • エンドルフィン

  • ドーパミン

  • セロトニン


といった「多幸感をもたらす物質」を分泌し、
心地よい感情を生み出します。




そうすると、

【1次感情】
快を得ると..


【2次感情】
楽しい、嬉しい、喜ばしい、心地良い
などの感情が芽生える。

こういった「心地よさ」を感じ、
それが心とカラダに良い影響を与えます。



ちなみに快の感情は、
「不安や恐怖」と一緒に存在できません。



ですので、
Rさんは不安や悩みが起きにくい状態になったのです。



私たちには、
古代から受け継がれてきた「防衛本能」があり、
どうしても過去や未来の不安を見るようになっています。



しかし、
過去の失敗を良いものに塗りかえるのも、
未来の不安を解決に導くのも「今」しか出来ません。



このことから、
今に心を向けることを意識する



ことができれば、
少しずつ状況も良い方向へと変わってくることと思います。


3.「小さなステップ」に心を向けましょう


最後は、
大きな悩みを小さくする方法を紹介します。



それが、
スモールステップを意識することです。



先ほどの山登りの例にもありましたが、


「山頂まで5000m」

「山頂まで300m」だったら、


どちらが簡単そうに見えますでしょうか。



もちろん「300m」の方が簡単そうに見えます。



しかし、登山する前に
「山頂まで5000m」という立札を見たら、

途中で腰が痛くなったらどうしよう?

山頂まで行けなかったらどうしよう?

帰って来れなかったらどうしよう?


といった感じに、
いろんな不安が頭の中を駆けめぐります。(;´e`)




このように、いきなり目の前に現れた
大きな問題に不安を感じることを認知の歪み
といいます。



これは、自身の今のレベルとの、
「ギャップが大きいとき」に起きます。



つまり、
山頂までの道のり(問題)が大きいほど、
不安や心配が比例して大きくなるということです。

ですので、
このようなときは、



簡単に解決できそうな問題



に着目する習慣を付けます。



先ほどのRさんは「次の休憩ポイントでお菓子タイム」「次の展望ポイントで風景を撮る」という感じに「スモールステップ」で山を登っていました。



これは、小学校の計算ドリルと同じで、
「少しずつレベルを上げていく」方法です。



たとえば、初めて算数を習う子が、
突然(7+5)×(8-3)÷2=いくつ?
という問題に直面したとき、当然ながら悩みます。



しかし、(7+5)なら出来そうです。



ですので、最初は「たし算」から解決していき..
↓  ↓  ↓

たし算ができるようになったら、次はひき算。
↓  ↓  ↓

ひき算ができるようになったら、次はかけ算。
↓  ↓  ↓

かけ算ができるようになったら、次はわり算。
↓  ↓  ↓

たし算、ひき算、かけ算、わり算が
できるようになった。(^e^)



このような、
自分の「無理のない段階」を意識することで、
問題へのストレスを最小限に抑えるのです。




小さな問題を解決していくと、
「解決できる」という実感が生まれます。



そうすると、解決する力も高まっていき、
それに比例して自信や安心といったことが作られます。




ですので、
スモールステップを日頃から習慣にすることで、
不安や悩みも小さく抑えられていくことと思います。

エンディング(まとめ)


今回の内容をまとめますと、

1.カラダに心を向ける

  • スポーツなどでカラダを動かす
  • 家の掃除や整理整頓をおこなう
  • 音楽を聴きながらウォーキングする
  • (マインドフルネス)

2.今に心を向ける

  • 今すべきことに心を向ける

3.小さなステップに心を向ける

  • 小さな自信と安心を積み上げる

になります。


私たちは、「問題」を目の当たりにしたとき、
いろんなことを考え、いろんな悩みを抱えます。




でも、それは「安心な未来にする方法」を真剣に考えている姿が、そう見えるだけです。



悩むことは「安心な未来にする」ためであり、
しっかりと自身が幸せになることを考えている証です。




ですので、今「悩んでいる自分」がいたら、
たくさん褒めてあげてください。



そして、疲れた時には思いっきり
心とカラダを休ませてあげてくださいね。




そうすることで、元気になった心とカラダが
素敵な未来を「今」に招いてくれることでしょう。



エンディングまでご覧いただき
ありがとうございました。(^e^)☆