【これからの時代の必須条件】災難から身を守るための「気づき」を得る方法。

私たちが日常を過ごしていると、
このような場面があります。



たとえば、
空に虹が出ていることに気づく



デジタル時計の11時11分に気づく



漢字は読めるけど、
いざ書けないことに気づく




このように、
「何かに気づく」ときがあります。



これは、いつもの日常で
何気なく起きていることのように感じます。



ですが、この「気づき」には、
とても重要な「ヒント」が隠されています。



それは、
普段の気づきの考え方を少し変えることで、
災難を事前に「防ぐことが可能になる」というものです。



今回は、その「気づき」をテーマに、
災難が起きてしまうときの心理メカニズムと、
事前に気づくための術をお伝えするべく、



災難から身を守るための「気づき」を得る方法。



を紹介します。



本記事が「良い気づき」になれば幸いです。

「気づき」とは?


「気づき」には大きく分けると2種類あります。



それが、


何かの「後」に気づく
ものと、


何かの「前」に気づく
ものです。



たとえば、

  • 携帯電話を忘れたことに気づく

  • 遠くでカミナリが鳴っていることに気づく

  • 靴下を裏返しに履いていたことに気づく


このように、
何かの後に存在や変化を認識するものは「後の気づき」です。



そして、「前の気づき」とは、

  • 突然アイデアが浮かんだ

  • 何かを察知した

  • 重要なことを思い出した


こういった、何か起こる前に ( ゚e ゚)ハッ! と
感じたり、頭に浮かんだりするものです。




そして、いまの豊かな世の中になったのも、
実は、この「気づき」が積み重なったものなのです。



どいうことなの?と言いますと、
今から遡ること約50万年前、
私たちの祖先(原始人)たちは、毎日の生活が過酷でした。



そのため、
つねに「便利で安全に暮らしたい!」と思っていました。

なぜなら、
冬は寒いし、いつ猛獣に襲われるか分からないし、
時々起こる噴火や落雷によって森も燃え上がります。



ですので、
毎日の生活が不安で不便で仕方ありませんでした。



しかし先祖たちは、
ある日「森の火事」から色んなことに気づきます。



それは、

猛獣たちが逃げていく様子

冬だけど、真夏のように明るく熱い

焼けた植物から、いい香りがする

そして、この「結果」を見た彼らは、
何かに「気づき」ました。

もしかして

冬はカラダを暖められる?


生の魚や肉や野菜を火で焼くと

美味しくなる?


明るくて熱いので

外敵から身を守れる?

このように「結果は分かんないけど、とりあえずやってみよう!」と実際にやってみると、「やっぱりそうだ!」という確証を得られました。



そうすると、
「○○すれば~○○になる」という感じに、
「原因と結果」が分かるようになります。



そして、

摩擦で温度を上げると

発火する


水をかけると

消える


空気を送ると

火力が増す

今度は「火のメカニズム」が分かるようになります。



このようなことが生活に定着してくると、
次は「自由自在に火を作り出せる」ようになります。



そして、
火と「別のもの」を掛け合わせることによって、
「新しいモノ」を作り出していくようにもなります。

炎で鉄鉱石を溶かすと

鉄ができる


炎から発生した気流を利用すると

気球で空を飛べる


炎で作った水蒸気でタービンを回すと

電気が作れる

このように、
最初は「森の火災」で色んなことに気づき、
最終的には火を作り出せる「メカニズム」まで知りました。



そして、
ついに「火のコントロール」が出来るようになり、
それを境に文明や科学が発展していったのです。




もちろん、
火の取り扱いを誤ると..


  • 火傷をする

  • 火事になる

  • 事故につながる


過去には良いことだけではなく、
こういった「悪いこと」も起きました。



ですので、そこから学んだ「気づき」によって、
今の安全な世の中が築かれていったのです。




ここまでを一度まとめますと、

私たちの祖先は
火が起きたことで、

仕組みを知った
私たちは
仕組みを知っているから、

火を起こせる

このようになります。



つまり、「気づき」には、



1.結果から学び得るもの

2.学びから結果を作り出すもの



この2つが存在します。



そして今の世の中は、
長い歴史から「学んだこと」の集大成でもあります。



ですので、
出来事の「メカニズム」を知っているとすれば、
悪いことになりうる結果を「事前に変えられる」ことになります。


危険を回避できない「心理」とは?


いまの時代は、
過去から学んだ「気づき」をもとに「安心や安全」が作られています。



しかし、そんな「安全」が培われた世の中でも、
なぜか「災いに見舞われる」ことが起こります。



たとえば、

大雨で河川が氾濫したとき

川の様子を見に行く人がいる


台風で海岸が大荒れのとき

サーフィンに行く人がいる


予想外の大雪が積もったとき

普通タイヤで運転する人がいる

こういったことです。



なぜこのような行動をしてしまうのかと言いますと、
これには「ある心理」がはたらくためです。



それが..



たぶん、大丈夫という思い込みです。



これを「正常性バイアス」といい、
災害などの「逃げおくれ」の原因になっています。

正常性バイアスとは、認知バイアスの一種。社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。

自然災害や火事、事故、事件などといった自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価するなどして、逃げ遅れの原因となる

いまの世の中は「安全と安心」の集大成であり、
私たちの祖先の時代に比べたら遥かに「大丈夫」だと思います。



ですが、予期せぬ事故に多く見られるのが、
この「たぶん、大丈夫」という思い込みです。



この心理がはたらいてしまう要因は、
今まで「大丈夫なことが多かった」ことにあります。



このことから、
安心・安全が続くことは良いことに思えますが、
反対に「危険」に気づかなくなる可能性もあります。



ですので、
危険だと思うこと
は一度踏みとどまり、
自身に「正常性バイアスが起きているかどうか?」に気づく必要があるかもしれません。


災難から身を守るための「気づき」を得る方法


今回のテーマで一番お伝えしたいことは、



災難が起きる前に気づくことです。



先述でお伝えした通り、
予期せぬ災難が起こるケースには、
正常性バイアスが要因であることが多いです。



ですので、
災難を回避するひとつの方法としては、



その心理を前もって知っておく



ことが防止に繋がります。




なぜかというと、
このような実例があります。


1:信号のない路地


2:信号のある路地


この2つで「事故率」を比較すると、
1:信号のない路地の方が低い傾向にあります。


これは、「もしかしたら、角から突然車が来るかも知れない」という思い込みが、運転を慎重にさせるためです。


突然ですが、この写真をご覧ください。

インターネット検索の索引に使用されるものは?
と聞かれたら、□には何の言葉が入るでしょうか。


キー□ード


私は..
検索の索引に使用されるもの = キーボード
と思ったので、□に入る言葉は「ボ」にしました。



しかし、
答えは「ワ」なのです。(;´e`)



検索の「索引」に使用されるのはキーワードで、
キーボードは索引を「打ち込むためのツール」なのです。



これをプライミング効果
と呼び、目に入ったものや聞いたりしたものから、イメージしている方に「釣られてしまう」のが特徴です。

もし、上の絵のような表示があった場合も、
ほとんどの人が間違えてしまうでしょう。



このことから、
信号のない道路では、



信号が無いから、

角から車が
来るかも知れない。。



というイメージが浮かぶので、
良い意味で慎重な運転を作り出しているのです。



一方、2:信号のある道路では、
「事故率が高い」です。

これも同じく、



信号があるから大丈夫。



と思っているので、
安全であるほど注意力が散漫になり「過剰な運転」に繋がってしまうのです。



そして、そこに気づかずにいると、
「ごくまれに出現する危険」に遭遇し「最悪な事態」にたどり着きます。



これは交通事故に例えたものですが、
「危険」に気づかずに進んだ先には、このような「事象」が起こります。



このことから、
自身にとって「良いこと」や「安心と安全」を感じられる日々が続いている最中に、



ちょっと危ないかも..


少し過剰になってるかも..



という「不安な気持ち」が浮かんだときは、
自身の心が発する「警告のサイン」です。



そのような「予感」がするときは、



たぶん、大丈夫!から

もしかして危ないかも?



と、一度立ち止まってみてください。



これが、
災難が起きる前の気づきになります。



すごく「当前のこと」かも知れませんが、
人はこれが「できない」のです。



ですが、
このことを「少し頭の片隅に入れておくだけ」でも、それは「気づき」の意味を果たします。



そうすることで、
「予期せぬ事態」は自身から遠ざかっていくことと思います。



「プラスマイナスゼロ」で気づく


気づきは言葉のとおり「気づくこと」ですので、
常日頃から意識することが重要だと感じます。




私たちの脳は、
良いことが続くと「良いことのみ」見えてきます。




反対に、
悪いことが続くと「悪いことのみ」見えるようになります。

ですので、
気づきを高めるためには、




±0(プラスマイナスゼロ)



で物事を見ることです。



どうしてなの?と言いますと、
良いことも半分、悪いことも半分という考えをもとにします。



そして、
心を中庸(ちゅうよう)状態にすることで、
「良いことも悪いことも両方見えるように」します。



たとえば「悪いことばかり見えている」ときは、
意識が悪い方に偏っているので、「良いこと」が見えづらい状態です。




それとは反対に、
「良いことばかり見えている」ときは、
意識が「良い方」に偏っているので、「悪いこと」に気づきにくい状態です。




そうすると、
予想だにしない「悪いこと」が引き金となり、
考え方や感情が悪い方へ揺り戻される
可能性もあります。



ですので、
良いことも悪いことにも「気づきやすい状態」にするには、どちらにも偏っていない位置にとどまる必要があります。


では、どうすればプラスマイナスゼロである、
「中庸状態」にすることが出来るかと言いますと、



それは
感謝や愛情に意識を向けることにあります。




私たちは、
感謝や愛情を感じると、

  • セロトニン

  • オキシトシン


といった「幸せホルモン」が分泌されます。



これは、
心とカラダを「安定させる」はたらきをします。



ちなみに、何かに「気づかなくなる」のは、
そこに「強い感情」が入るためです。



つまり、良いことも悪いことも、
「冷静な判断ができないとき」見えなくなってしまうのです。



その感情を抑える効果を果たすのが、
愛情や感謝といった「思いやりの心」なのです。



それで心がいっぱい満たされているときは、
少し良い方へ留まっているような状態です。


ですので、
日頃からこのことを意識することにより、
プラスもマイナスも見渡せるような比較的バランスの良い状態になります。

エンディング(まとめ)


今回お伝えした「気づき」という感覚は、
私たち以外の生き物にもあります。



それは、危険から身を守るための、
生きとし生けるもの全てに与えられた「命を守るセンサー」です。



そして、その「気づき」によって、
起きる出来事を変えられるのも「私たち」しか出来ません。



もし、今後「何気ない気づき」があったとすれば、
それは「自身にとって重要なサイン」となるかも知れません。



そのときは、
気づいた「意味」について少し考えてみてくださいね。



災難を防ぐことも、良い出来事も、
こういった「小さな気づき」から全ては始まっていくと思います。



本記事を最後までご覧いただき、
ありがとうございました。(人ё)☆