運営情報

この度は、
当サイトにお立ち寄りいただき

ありがとうございます。(^e^)


ここはピアノ調律するところなの?
と思われたかもしれませんが、


本サイトでは、
日常の不安や悩みを対処する方法を
発信しています。

ピアノ調律で来られた方は
こちらを参照ください。

テーマは「安心」につながること

安心
はじめまして。
著者の本条 公貴(ほんじょう こうき)と申します。


私はエンジニアをしており、
機械デザインやプログラミングをおこなっています。


簡単ではありますが、自己紹介をいたします。

1.調律ラウンジのコンセプト

日常における不安悩みの対処法を考えて、
少しでも多くの方に「安心」を届ける
ことです。

2.サイト名の由来

「調和を育む場所になって欲しい」という思いを込めて。


調律は「ハーモニー」や「バランス」。
ラウンジは「くつろぎの空間」という意味をもとに。

著者プロフィール

謎の生物_NEW
運営/本条 公貴(ほんじょう こうき)

職業/機械エンジニア

出身/中部地方(東海)


結婚/紆余曲折7周年

嗜好/珈琲拿鉄(カフェラッテ)

尊敬/鳥山明先生、大友克洋先生、中野信子先生

特技/四つ葉のクローバー探し

資格/JADPメンタル心理カウンセラー

趣味/寺院、緑地公園、スーパーマーケットをめぐる

音楽/ジャズ、サントラ、j-pop

性格/頑丈なものに囲われたい

ここからは、どうしてエンジニアの私が、
「不安の対処法」を発信してるのかをお伝えいたします。

3年続いたパニック障害


工業デザイン校を卒業してまもなく、
都会の下町にある自動車部品工場に就職し、
エンジニアの知識と技術を学びました。


ある日のこと、
勤めていた会社の経営者が変わり、
5部署を管理するよう命じられました。


その日から、
休日出勤や深夜遅くまでの労働が増え、
同時に人間関係の悩みも増していきました。


そして、
自律神経失調症による体調不良が続き、
パニック障害を何度も起こすようになります。


このとき、
3つの病院に通いながら業務遂行していましたが、

ある日、仕事中に意識をうしない救急搬送される。

不安で悩む人に「安心」を届けるために

3つのこと
入院先のベッドで様々な思いが駆けめぐり、
自分の心とカラダ、家族や友人、支えてくれた人たちの大切さに気づきました。


この出来事をきっかけに、
自分を含め同じ不安を抱えた人たちへ「対処する方法」を伝えたくて、心理学や脳科学、認知行動療法や心のケアに関することなど、ありとあらゆることを猛勉強しました。


そして、
何度も対処法や改善案を試行錯誤した結果、
自身でパニック障害を克服できるまでに至りました。



このとき経験したことを、
「予防策」や「対処法」として記事で綴っています。



本サイトが、
少しでも皆様の「安心」につながることができたら嬉しいです。